FANDOM


いたずらパーティ
Episode5.png
シーズン №: 1
シーズンエピソード №: 5
合計エピソード №: 5
放送日: 2010/11/12(アメリカ)
2013/4/30(日本)
脚本: Cindy Morrow
ストーリーボード: Tom Sales & Sam To[1]
参照
エピソードガイド

一人でできるもん!

大魔法使いトリクシー
いたずらパーティ(原題:Griffon the Brush Off)はMy Little Pony Friendship is Magicのシーズン1の五番目のエピソード。このエピソードでは、Pinkie PieRainbow Dashがほかのポニーにいたずらをする。しかし、Rainbow Dashの古い友達のグリフォンであるGildaが訪れたとき、Rainbow DashはPinkie Pieから離れていってしまった。

英語版のGriffon the Brush Off(グリフォン・ザ・ブラシオフ)というタイトルはbrush-offをもじっている。意味は「唐突で失礼な退散」(もともとの"ブラシで汚れをはらう行為"という意味が変化したもの)。

上演編集

ComcastのOn Demandテレビガイドでは、このエピソードを放送する前に特集した時に、Gildaの名前をGrieldaとミススペルした。

概要編集

オープニング編集

公園で本を読んでいるTwilight Sparkleと、そのそばで熱心にRainbow Dashの曲芸飛行について話しているPinkie Pie。Pinkie Pieが空を飛んでいるRainbow Dashを見つけて声をかけるが、Rainbow Dashは「今はだめだ」と答える。Pinkie PieはRainbow Dashを追いかけ、大声で呼ぶが、Rainbow Dashは山にぶつかり、Pinkie Pieの前に滑り落ちる。Pinkie PieはRainbow Dashに危険を伝えたいだけだった。

Spikeへのイタズラ編集

639px-Spike hiccuping scrolls away s01e05.png

しゃっくりをするSpike

Pinkie PieはRainbow Dashが何処に居るか、Ponyvilleを探しまわる。見つかるとRainbow Dashは逃げ出すが、Pinkie Pieはすぐに見つけ、何処までも追いかける。何回も逃げ隠れした後、Rainbow Dashは隠れるのを諦め、Pinkie Pieに何がしたかったのかを聞く。Pinkie PieはSpikeにイタズラをしたくてRainbow Dashを探していたのだと明かす。近くの雷雲を使って、town squareの建物から出てくるSpikeを待ち伏せする。Spikeが出てきた時にPinkie Pieがサインを出すと、Rainbow Dashが雷雲を蹴って、雷を発生させ、Spikeを驚かす。すると、しゃっくりをして手紙をPrincess Celestiaの元へ送ってしまう。

イタズラは続く編集

One of their pranks.jpg

イタズラの一つ

Spikeの安全を確認すると、Pinkie PieとRainbow Dashは4匹の友人にいたずらを始める。Applejackの果樹園のいくつかのリンゴに水性インキでペイントし、Twilightが書きものをするインクを消えるインクにすり替え、ウェストミンスターの鐘の音のドアベルで呼び出したRarityにはスニーズパウダー(くしゃみを起こさせるいたずら用の粉末)を使った。 Pinkie PieとRainbow Dashの「えじき」となった彼女達は一度怒ったが、優しいジョークを楽しんでいた。 近くの湖で亀のおもちゃの水鉄砲を使う時、Pinkie Pieが次のイタズラのターゲットがFluttershyであると聞いたとたんに、あわててイタズラを止めた。Pinkie Pieは、Fluttershyはとても繊細でイタズラ出来ないとRainbow Dashに注意した。その代わりに、2匹は互いにイタズラしあって一日を過ごした。

Gilda編集

Gildafront.png

初登場のGilda

次の日、Pinkie Pieは空にあるRainbow Dashの雲の家を訪ねるが、そこでRainbow DashのJunior Speedster Flight Campからの古い友人であるGildaに会う。Pinkie Pieは新しいイタズラの用意をして、Rainbow DashとGildaを誘う。しかしGildaはRainbow Dashに飛行訓練がある事を注意し、Rainbow DashはPinkie Pieに後で遊ぶ事を約束する。Pinkie Pieはそれを承知したものの、後に2匹についていこうとする。しかしPinkie PieはGildaに妨害され、非難される。最終的に、今すぐ立ち去るように言われ、Rainbow Dashと行動し続ける。
"Don't you know how to take "get lost" for an answer?! Dash doesn't need to hang with a dweeb like you now that I'm around. You're dorkin' up the skies, "Stinkie Pie". So make like a bee. BUZZ OFF!"
(”どこかに行く”という選択肢はお前に無いのか?Rainbow Dashは私といる間、お前のようなバカと付き合う必要は無いのさ。飛んでくるお前はバカだ、”Stinkie Pie”。あっち行けよ。失せろ!)
— Gilda

Pinkie PieはTwilight Sparkleの住む図書館に行き、Gildaの意地悪な態度について相談したが、Twilightは単純にPinkie Pieが嫉妬しているだけだと思った。ただ一つPinkie Pieに与えたアドバイスは、自分の態度を変えられるように努力する事だった。Pinkie PieはTwilightの答えに動転したが、もしかしたらTwilightの言っている事が正しのかもしれないと考え、Sugercube Cornerでミルクセーキを一人で飲むことにした。

Pinkieは見た編集

Gilroar.png

Fluttershyは不注意を謝罪したにもかかわらず、Gildaは無視して怒鳴る

Rainbow DashとGildaはPonyvilleに姿を現すが、Pinkie Pieには気づかない。Rainbow Dashは天候に関する仕事の為に、Gildaを残して飛び立つ。GildaがGranny Smithを驚かせたり、野菜スタンドからリンゴを盗むのをPinkieが目撃したが、悪く考えないよう堪えた。しかしアヒルのガイドをしていたFluttershyを怒鳴って泣かせ、一方的に追い出した時には動揺を隠せなかった。Fluttershyが飛んで行った後、2匹のポニーが変な顔をするが、この事についてアニメーターの一人が "derpy-sorta look"と説明している。[2]Gildaの意地悪な性格にうんざりしたPinkieは、"Pinkie Pie-style"で直してやると誓う。

歓迎会編集

Sugarcube Cornerで歓迎会を行い、Pinkieはハンドブザー(電流が流れるおもちゃ)でGildaを驚かせて歓迎する。GildaはPinkieに「何か企んでいる事を知っている」と注意するが、単純にGildaの歓迎会を住人たちで開催して仲直りしたいだけだった事が分かる。パーティーが始まると、Gildaは仕掛けられたイタズラの殆どに引っ掛かってしまい、苛立つ。Gildaはイタズラパーティーの立案者がPinkieではないかと疑う。PinkieはGildaのために"Pin the Tail on the Pony"(pin the tail on the donkey:紙に描いた尻尾の無いロバに尻尾をつけるゲーム。日本の福笑いとスイカ割りを混ぜたような遊び)を用意する。Pinkieはパーティーの主役であるGildaをポニーの絵の前に連れていくが、Gildaはイタズラの一種だと勘違いし、違う方向に行ってしまう。落ちた一切れのケーキに足を滑らせ、”tail on the other end” (Tail on the Ponyをしゃれて、変な所に尻尾つけを)してしまう。

Griffonthebrushoff2.png

Gildaは耐えられず、Pinkieに怒りをぶつける

Gildaはとうとう怒りを堪え切れなくなり、歓迎会の出席者を”dweebs” (バカ、クズ)と呼び、Pinkieを"Queen Lame-o" (バカ者の女王)と呼ぶ。GildaはRainbow Dashと共に歓迎会場を出ようとするが、Gildaの本当の性格を見たRainbow Dashは留まる。Rainbow Dashが全てのイタズラを仕掛けた事を明かすと、会場に居た全員が驚いた。(全てのイタズラがGildaを引っかけるために仕掛けられたものではなかった。)Pinkieは、Gildaの気難しい態度を良くしたいために歓迎会を開いたのだと明かした。Rainbow DashはGildaの態度に失望し、クールでいたいなら、別の友達を探しに行くように言った。Gildaは何も言えず、Rainbow Dashを”flip-flop”(態度をコロコロ変える)と呼び、会場から飛んで行った。Rainbow DashはGildaの事をみんなに謝り、Pinkieと一緒にハンドブザーを使って場の空気を和ませ、丸く収めた。

Twilight SparkleはPinkieに、Gildaについて誤解していた事を謝り、誠実な友人が本当の性格を明かす事ができることを学んだ。レポートを送る時に、TwilightはPrincess Celestiaに消えるインクを同封し、使わせるイタズラをした。

エピソード中の会話編集

Pinkie Pie: Rainbow Dash.
Rainbow Dash: Not now, Pinkie Pie.
Pinkie Pie: But, but Rainbow Dash–
Rainbow Dash: I'm in the middle of something.
Pinkie Pie: But–
Rainbow Dash: I said not now--[grunt] [hits a mountain]
Pinkie Pie: I was gonna tell you to look out for that mountain.
Rainbow Dash: (groans)

Pinkie Pie: Is someone over there? Who are we gonna squirt? Who are we gonna squirt?
Rainbow Dash: Fluttershy...
Pinkie Pie: WHAT?! Nonononono! We can't prank Fluttershy; I mean, she's so sensitive! It'll hurt her feelings; even our most harmless prank...
Rainbow Dash: Yeah, you're right. Huh, we need another victim who's made of touger stuff. So, who's it gonna be?
Pinkie Pie: Oh, I've got someone in mind. The toughest around.
Rainbow Dash: Oh, awesome! Who, who? Do I know them?
Pinkie Pie: Oh yes, you're very close.
Rainbow Dash: Good one, Pinkie Pie.

Rainbow Dash: Pinkie, this is my griffon friend, Gilda.
Pinkie Pie: What's a griffon?
Rainbow Dash: She's half-eagle, half-lion...
Gilda: And all awesome!

Rainbow Dash: Hey, remember the chant?
Gilda: Yeah... They made us recite it every morning. I'll never get that lame thing out of my head.
Rainbow Dash: Soooo...?
Gilda: Only for you, Dash...

Pinkie Pie: Hi! It's later! And I caught up!

Pinkie Pie: Maybe Twilight is right. Maybe Gilda isn't a big meanie grumpy mean-meanie-pants. Maybe I'm just a big jealous judgmental jealous-jealousy-pants.

Pinkie Pie: Don't you worry your pretty little head about mean old Gilda! Your auntie Pinkie Pie has it all taken care of!
Fluttershy: I'm a year older than you.

Gilda: I know what you're up to.
Pinkie Pie: Great!
Gilda: I know what you're planning.
Pinkie Pie: Well I hope so! This wasn't supposed to be a surprise party.
Gilda: I mean, I got my eye on you.
Pinkie Pie: And I got my eye on you!

Gilda: Hey. I'm watching you... like a hawk.
Pinkie Pie: Why? Can't you watch me like a griffon?

Gilda: This.. is your idea of a good time?! I've never met a lamer bunch of dweebs in all my life! And Pinkie Pie... YOU! You are "Queen Lame-o" with your weak little party pranks! Did you really think you could make me lose my cool? Well, Dash and I have ten times as much cool as the rest of you put together! Come on, Dash. We're bailing on this pathetic scheme... Come on, Rainbow Dash, I said we're leaving!
Rainbow Dash: You know, Gilda? I was the one who set up all those "weak pranks" at this party...
Gilda : ...What?!
Pinkie Pie: Ooh...
Rainbow Dash: So I guess I'm "Queen Lame-o"...

Rainbow Dash: You know, this is not how I thought my old friend would treat my new friends. If "being cool" is all you care about, then maybe you should find some "new cool friends" someplace else.
Gilda: Yeah? Well... You... You... You are such a-a-a "Flip-Flop"! Cool one minute, and lame the next. When you decide not to be lame anymore, give me a call...
Rainbow Dash: Not cool.

ギャラリー編集

Gilda get lost-W 1.0598.png

Griffon the Brush Off image gallery(英語)

備考編集

  1. Raven Molisee's deviantART journal (2012-02-23). Retrieved on 2012 February 23.
  2. Animator's deviantArt journal entry about Derpy (Dec 14, 2010). Retrieved on 2011 September 13.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki