FANDOM


お泊まり会をしよう!
Episode8.png
シーズン №: 1
シーズンエピソード №: 8
合計エピソード №: 8
放送日: 2010/12/3 (アメリカ)
2013/5/21 (日本)
脚本: Charlotte Fullerton
ストーリーボード: Francisco Avalos & Mike West[1]
参照
エピソードガイド

ドラゴン注意報

ゼコラの呪い
お泊まり会をしよう! (原題:Look Before You Sleep)はMy Little Pony Friendship is Magicのシーズン1の8番目のエピソードである。このエピソードでは、嵐のためTwilight Sparkleのいる図書館にApplejackRarityがしばらくの間避難したところ、Twilight Sparkleがslumber party(子供のお泊り会)をしようと提案する。タイトルはlook before you leap(転ばぬ先の杖)の言葉遊びである。

製作編集

このエピソードのわき筋は、SpongeBob SquarePantsのエピソード「Party Pooper Pants」とよく似ており、TwilightとSpongeBobの両者が本を使ってパーティーを開くストーリーである。楽しいイベントについて書かれた本を参考に進めていくのがTwilightのパーティーであるが、SpongeBobは本を使って計画を常に練り続けていくものである。

また、シーズン1の中で最もキャストが少ないエピソードで、メインキャラクターのPinkie PieFluttershyRainbow DashSpikeは登場しない。エキストラのポニーも数匹だけ始めに登場するだけである。

概要編集

オープニング編集

間もなく起こる雷雨に備え、余分な木の枝が取り除かれている。チームで作業しているApplejackとRarityは作業のスピードを上げようとするが、嵐に巻き込まれる。あまりにも激しい嵐のせいで家に避難できないApplejackとRarityは、Twilightの図書館で宿泊する事になる。

スランバーパーティー編集

"Slumber 101: All you ever wanted know about slumber parties but were afraid to ask."
(スランバー101:あなたがいつも知りたがっていたスランバーパーティーだが、尋ねるを恐れていた。)
— Twilightの本を読むRarity
Rarity OOOH S1E8.png

"Ooooh!"

Applejack OOOH S1E8.png

"Oooooh!"

Twilight Sparkleは雷雨が治まるまで、図書館にApplejackとRarityを避難させる。Spikeは"royal business"(女王から与えられた業務)でCanterlotに出張中のため、Twilightが単独で留守番をしていた。そこでTwilightは初めてのスランバーパーティーをするチャンスだと考え、スランバーパーティーについて書かれた本を用意する。 一緒に宿泊する事に慎重なRarityとApplejackは、Twlightの初めてのスランバーパーティーを失敗させないよう気を付けるが、ぶつかりあう2匹の性格が難航させる。スランバーパーティーのお楽しみは泥パックから始まるが、早速Applejackが反対意見を言ってしまう。怪談話では、RarityとApplejackが互いの気に入らない所をオバケに例えて話す。そこで部屋の電気が消え、Twilight Sparkleが"The Headless Horseman"をもじった"The Headless Horse"(首なし馬)の怪談話を始め、RarityとApplejackを驚かすのに成功する。次にS'more(スモア:焼きマシュマロと板チョコレートをグラハムクラッカーで挟んだデザート)を作り、その後truth or dare(Truthと答え秘密を告白するか、Dareと答え難しい事に挑戦するパーティーゲーム)をするが、互いに反発してしまう。ApplejackはRarityに、雨にぬれて、セットした たてがみを崩すように挑戦を挑む。RarityはApplejackに、派手な婦人服を来ように挑戦を挑む。2匹が争う中、Twilightは何かを感じ、空気を変えようとパーティーを進行させようとするが、不運にも枕投げの項目に当たってしまい、枕投げ(pillow fight)よりも過激な枕戦争(pillow war)になってしまう。ApplejackとRarityの枕攻撃を受けたTwilightは、そろそろ寝ないかと提案する。

ApplejackとRarityは、寝る前にもケンカをしてしまう。そこでTwilight Sparkleは、2匹が楽しむ事なくケンカばっかりするから動転して、スランバーパーティーが台無しになってしまうとケンカを止めさせる。Twilightが"anything else that can possibly go wrong"(これ以上状況が悪くならないか)と訪ねたとたんに近くの木に落雷し、図書館に倒れ始める。ApplejackはRarityの注意を聞かずに投げ縄で倒れ掛かっている木を捕らえ、安定させようとするが、図書館に引き込んでしまい、Twilightの寝室の窓を壊してしまう。Rarityは散らかった本を片付けるのに集中し、Applejackは木を部屋から出そうとする。その間Twilight Sparkleは、スランバーパーティーの本から、寝室に落ちてきた木の取り扱い方の項目を必死になって探す。

Help.png

AJはRarityに謝り、助けを求める。

Applejackは木を部屋の外に片付けることが出来ず、やがてRarityに注意力の無さを謝り、手伝ってほしい事と、足を泥で汚す事は心配しなくていいと説得する。Rarityは体を泥や葉っぱで汚しながらも魔法で小さな木の彫刻に変えた。

物語の終わり編集

雷雨(とケンカ)は結局落ち着き、ApplejackとRarityはTwilightとスランバーパーティーを楽しむことが出来た。最終的に、Twilightはスランバーパーティーが成功したと言った。Twilightは次の夜もスランバーパーティーをしないかと提案する。すっかり空が晴れ、太陽が顔を出した場面でエンディングに入る。

エピソード中の会話編集

Rarity: You know, there's messy, and then there's just plain rude.
Applejack: You know, there's fussy, and there's just plain gettin' on my nerves.

Applejack: I'd like to tell ya'll the terrifying tale of the prissy ghost, who drove everypony crazy with her unnecessary neatness! OooooOOwwoOOO! I'm sure ya'll are familiar with that one?
Rarity: Never heard of it. But I have a much better one... It's the horrifying story of the messy inconsiderate ghost, who irritated everypony within a hundred miles! OoooooOOOwwwwOOOoo...
Applejack: That's not a real story. You made it up!
Rarity: It is a ghost story. They're all made up...

Rarity: You could at least say "excuse me".
Applejack: Oh, I was about to! But you interrupted me! ...Pardon.

Twilight Sparkle: Now the next item of fun we have to do is... "truth or dare"...
Rarity: I dare Applejack to do something carefully and neatly for a change.
Applejack: Oh yeah? Well, I dare Rarity to lighten up, and stop obssessin' over every... last... little... detail... For a change.
Rarity: I think the truth of the matter is that somepony could stand to pay a little more attention to detail.
Applejack: And I think the truth is somepony outta quit with her fussin', so the rest of us can get things done!

Applejack: I dare you to step outside and let your precious tidy mane get ruined again!
Twilight Sparkle: You have to. It's the rule...
Applejack: Hah!
Rarity: Fine!

Rarity: OK. I dare Applejack to play "dress-up" in a frou-frou, glittery, lacey outfit!
Applejack: (with big dress) Happy?
Rarity: Very...

Rarity: (after getting hit in the face with a pillow) IT! IS! ON!

Rarity: You did that on purpose.
Applejack: Um, yeah.
Rarity: Get up so I can fix it again.
Applejack: Can't hear ya, I'm asleep. [snore]

Applejack: I... ain't... budgin'!

Applejack: And that, my friends, is called "gettin' 'er done"...

Twilight Sparkle: Oh, pretty! Where did these come from? They're not in the book either.

Applejack: Is it... a six-legged pony with a purple polka-dotted mane and shootin' stars comin' out of his eyes?
Rarity: Who flies through the air all over the world to hide magic, sparkly eggs?
Twilight Sparkle: That's it!
Applejack and Rarity: It is?
Twilight Sparkle: No.

備考編集

  1. Raven Molisee's deviantART journal (2012-02-23). Retrieved on 2012 February 23.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki