FANDOM


Ambox notice
信頼できない翻訳:このページ「エクエストリア」の一部またはすべては訳者により翻訳が正しいのかわからないため、このテンプレートが貼られています。翻訳が正しいか確認し、場合によっては修正し、テンプレートを除去してください。
Ambox notice
情報不足:このページ「エクエストリア」は、記事の情報が不足しています。翻訳・項目の追加などをして優先的に加筆してください。
Map of Equestria poster 2012-08

Equestriaの地図が描かれたポスター

マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜の物語は、話をする不思議なポニー達と、知能のある動物達の住むエクエストリア(Equestria)を中心に起こっている。エクエストリアはプリンセスセレスティアPrincess Lunaによって統治されている。

製作編集

Lauren Faustは彼女のdeviantArtで、Everfree Forestはポニービルの西に、Sweet Apple Acresは南西に、フラッターシャイの家と草原は農場の北で、おそらくポニービルと森の間にあるだろう、とコメントしている。キャンタロットはポニービルの北東にある。しかしその後のインタビューで、FaustとJayson Thiessenは、地形と位置関係はおおざっぱにしか決めておらず、変更する必要があるかもしれないと述べている。[1]またレイアウトアーティストは、製作チームは公式のEquestriaの地図を作っていない事も分かっている。[2]

シリーズでの描写・表現編集

エクエストリアの発見編集

エクエストリアを発見するまでの物語は、エピソードHearth's Warming Eveで説明されている。

Walking to the grand summit S2E11

3種類の種族による会談

そのエピソードの最大の特徴は、スパイクがナレーターをするエクエストリア発見までの劇である。スパイクは「3つの種族のペガサスユニコーンアースポニーは配慮しあわず、ただ自分の種族の幸福だけ考えていた」と説明する。ペガサスは天候をコントロールする代わりに、アースポニーに食料を栽培する事を要求していた。ユニコーンは同じように、昼と夜を管理する代わりに、アースポニーニ食料を求めた。それでアースポニーは不信感から怒りを覚え、ある日反発した。一体何がポニー達をそうさせたのか。それは謎の大吹雪が大地を襲い、ポニー達に危機が訪れたからだ。
Equestriaflag

Equestriaの旗印

大吹雪により食糧不足に陥り、それぞれの種族のリーダーは新しい土地を求め旅に出ることにした。それぞれが同じ場所に到着し、間もなく争いが始まり、大吹雪がそこを包んだ。「そしてポニー達が見つけた楽園はすぐに分厚い雪に覆われ、失われた。」やがてリーダーのアシスタント達は、憎しみを糧に大吹雪を起こしているWindgoを見つけ出す。アシスタント達による友情はFire of Friendshipを生み出し、Windigoと大吹雪を追い払った。

ディスコードの混沌による支配編集

Celestia and Luna depicted on stain glass defeating Discord S02E01

プリンセスセレスティアとLunaがDiscordを封印する様子を描いたステンドグラス

姉妹の女王によってエクエストリアが統治されており、太陽と月をコントロールして調和を保っていた、という昔話から作品が始まるが、The Return of Harmony Part 1では更に過去の話が出てくる。プリンセスセレスティアトワイライト達に、以前Princess Lunaと共に、エクエストリアを不安と不幸で支配していたDiscordを倒した話をする。セレスティアは、それによってEarth ponyunicornPegasusがいかに不幸だったか、Lunaと共にエレメントオブハーモニーを発見し、Discordに反抗して石に変化させて封印した事を説明した。Discordの封印は後に解かれる。セレスティアの説明では「Lunaと私のエレメントではそう長く続かなかった」。そしてトワイライト達は、Discordを再び石に封印するためにエレメントオブハーモニーを使った。

女王のユニコーン姉妹編集

第一話の始めに、「大地の全ての調和を保ちながら共に統治している2匹の姉妹」と紹介され、「姉は魔法で太陽を昇らせ昼を作り、太陽が沈むと今度は妹が月を昇らせ夜を作る」と説明されている。

ナイトメアムーン編集

Nightmare Moon depicted in legend S1E1

第一話のプロローグより、Night Mare Moon

国民であるポニー達は昼間に活動するが、夜間は活動を"避けて"寝て過ごす。それが妹の苦しみを大きくし、やがて月を沈めることを拒むようになった。妹の苦しみは彼女自身を、Night Mare Moonへと変化させた。姉は望まぬ形でElements of Harmonyの力を使い、月の中へ封印した。そして太陽と月を動かす義務を引き受け、Equestriaの調和を守り続けた。第一話と第二話で行われたイベントは、ナイトメアムーンを封印してからちょうど千年目に行われたものである。ナイトメアムーンが復活したものの、再びエレメントオブハーモニーによって負かされた。その時に元の姿に戻されたれ、再び姉と共にエクエストリアを統治し始めた。

主な地域編集

ポニービル編集

詳細はポニービルを参照

Ponyville1

ポニービル

ポニービル(Ponyville)は、作品において主な舞台となる町である。ポニービルは小さな町で、アースポニー達によって発見された。そのうちペガサスユニコーンも住むようになり、アースポニーと共に町を作った。

キャンタロット編集

詳細はキャンタロットを参照

Canterlot S1E26

キャンタロット

キャンタロット(Canterlot)はエクエストリアの首都であり、プリンセスセレスティアの住む城がある。ポニービルに移り住んだトワイライトスパークルの実家がある。キャンタロットという名前はキャメロット(Camelot)から来ている。

クラウズデール編集

詳細はCloudsdaleを参照

Cloudsdale1

Cloudsdale

クラウズデール(Cloudsdale)は空にある町で、Best Young Flyerコンテストが開催される町である。エクエストリアの天候を作っている。ペガサス以外は雲の上で立つことが出来ないため、ペガサスだけがそこに住み、働いている。レインボーダッシュフラッターシャイの故郷である。Cloudsdaleという名前はClydesdaleという馬の名前から来ている。The Weather Factory(天候工場)がある。

かえらずの森編集

詳細はEverfree Forestを参照

The Everfree Forest

Everfree Forest

かえらずの森(Everfree Forest)はPonyvilleの外れにある。動植物が世話をしなくても育ち、ポニー達の手を借りず天候が変わるため、Equestriaの常識に縛られていない場所だと思われている。UrsaTimberwolfParaspriteなど、不思議な動物の住みかである。

ホワイトテールの森編集

Whitetail Woods S1E13

Whitetail Wood

ホワイトテールの森(Whitetail Wood)はエピソードFall Weather Friendsで登場した場所である。 ポニー達が走り抜ける振動で木々に残った葉を落とすRunning of the Leavesが開催された場所である。

フロッギーボトムの沼編集

Froggy Bottom S1E15

Froggy Bottom Bog

フロッギーボトムの沼(Froggy Bottom Bog)はFeeling Pinkie Keenで登場した場所である。フラッターシャイが増えてきたカエル達を移住させた沼地である。ピンキーパイが不吉な予感を感じ、トワイライトスパークルアップルジャックスパイクと共にフラッターシャイの安全を確認するために踏み込んだ。そこでhydraが現れたため、トワイライト達は一目散に逃げ出した。

アップルーサ編集

AppleloosaOverview

Appleloosa

アップルーサ(Apploosa)はエピソードOver a Barrelで登場した場所である。アップルジャックのいとこのBraeburnが観光に招待した町で、彼によると創立1年未満である。馬車、wild west dance、mild west dance、"The Salt Block"酒場、保安官を観光案内で見せた。Appleloosaのリンゴ果樹園は先住部族のバッファローとの土地問題がある。Appleloosaの名前はアパルーサ(Appaloosa)から来ている。

メインハッタン編集

Manehattan3

Manehattan

メインハッタン(Manehattan)はアップルジャックの伯父・叔母であるOrange夫婦が住む大きな都市である。 The Cutie Mark Chroniclesで初めて登場した。そのエピソードでApplejackは、Sweet Apple Acersを出てManehattanの上流社会に入り込もうとした事を回想した。回想の中でのアップルジャックはその後ホームシックになり、農場に帰った。

Manehattanは、ニューヨーク市のマンハッタン島(Manhattan Island)をもじったものである。The Cutie Mark Chroniclesで登場した幼いアップルジャックは「自由の女神」によく似たメス馬の像を通り過ぎる。ニューヨーク市は一度、オランダ植民地時代にNew Orangeとして有名になった。以上の事からアップルジャックの叔父と叔母の苗字がOrangeになったと思われる。

ちなみにニューヨーク市は"The Big Apple"とも呼ばれている。

恐ろし谷編集

Ghastly Gorge

Ghastly Gorge

恐ろし谷(Ghastly Gorge)は危険な場所で、風が強く、イバラの茂みがあり、quarray eelが生息している。エピソードMay the Best Pet Win!で、 Rainbow Dashがどの動物がペットに相応しいか決めるためにレースを開催した場所である。

Dodge Junction編集

Dodge junction

Dodge Junction

Dodge Junction(ダッジジャンクション)は砂漠の西にある、Appleloosaに似た古い町である。エピソードThe Last Roundupで登場した。Douge Junctionは、アメリカ合衆国のカンザス州ダッジシティー(Dodge City)から来ていると思われる。なお、日本放送では「この町」としか言及されていない。

名前だけ登場した地名編集

Tartarus編集

Tartarus(タルタロス)は、エピソードIt's About Timeで名前だけ登場した。邪悪な動物が捕らえられている場所であり、3つの頭を持つCerberusによって監視されている。 Tartarusはギリシャ神話に登場する、地獄の下の底なしふちである。Tartarusの収容者にはケルベロスがいる。

Hoofington編集

Hoofington(ホーフィントン)は、トリクシーUrsaと勝負したと言っていた村である。~ingtonという単語は、古い英語で町を表す。Hoofingtonは、The Huffington Postという政治のニュースを扱うサイトの名前とよく似ている。

Fillydelphia編集

Fillydelphia(フィリデルフィア)は、エピソードSwarm of the Centuryで、プリンセスセレスティアが口にした町の名前である。Princess Celestiaがポニービルの訪問を中止する言い訳「とても厄介な動物が悪さをしているので、解決するためにFillydelphiaに向かう」に登場した。厄介な動物はparaspriteを意味していたと思われる。Fillydelphiaという町の名前はエピソードA Friend in Deedで、以前Cranky Doodle Donkeyの家があった場所として名前だけ登場した。エピソードIt's About Timeでは、「FillydelphiaからLas Pegasusまで、危険な物は何もない」というレインボーダッシュの話でも登場した。エピソードHurricane Fluttershyでは、「Fillydelphiaが竜巻の風速を910wingpowerで新記録を打ち立てた」というレインボーダッシュの話で登場した。Lauren FaustはdeviantArtで、「舞台となる町の名前を地元であるPhiladelphiaとかけてFillydelphiaにしたかったが、結局はPonyvilleになった」とコメントしている。

Trottingham編集

Trottingham(トロッティンガム)は、エピソードStare Masterでラリティがガウンを出荷する予定の場所、エピソードLuna EclipsedPipsqueakの以前の住所として名前だけ登場した。Trottinghamは、ノッティンガム(Nottingham)とトッテナム(Tottenham)のどちらかと、trottingをもじっていると解釈できる。ノッティンガムはイングランド北中部ノッティンガムシャー州、トッテナムはロンドン北部の郊外の名前である。また、trottingは馬が早足で歩く様子を表す英語である。

Las Pegasus編集

Las Pegasus(ラスペガサス)は、エピソードIt's About Timeで登場した町の名前である。レインボーダッシュがFillydelphiaからLas Pegasusまでの安全を確認したセリフで名前だけ登場した。Las Pegasusはラスベガス(Las Vegas)をもじっている。[3]

Baltimare編集

Baltimare(ボルチメア)はエピソードIt's About Timeで登場した町の名前である。レインボーダッシュの安全確認パトロールに関するちょっとした報告をするときに名前だけ登場した。Baltimareはボルチモア(Baltimore)という実在する町の名前をもじっている。

その他の描写編集

備考編集

  1. Interview with Jayson Thiessen 13-14 (2011-09-14). Retrieved on 2012 April 23.
  2. A layout artist regarding a Flash asset in Secret of My Excess. Retrieved on 2012 January 23.
  3. M.A. Larson confirming the reference to Las Vegas (2012-05-24). Retrieved on 2012 May 24.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。