FANDOM


ドラゴン注意報
Episode7.png
シーズン №: 1
シーズンエピソード №: 7
合計エピソード №: 7
放送日: 2010/11/26 (アメリカ)
2013/5/14 (日本)
脚本: Meghan McCarthy
ストーリーボード: Sabrina Alberghetti & Nicole Wang[1]
参照
エピソードガイド

大魔法使いトリクシー

お泊まり会をしよう!
ドラゴン注意報(原題:Dragonshy)はMy Little Pony Friendship is Magicのシーズン1の7番目のエピソードドラゴンから発せられる煙がエクエストリアを覆い、ポニー達がそれを取り除くエピソードであるが、問題はフラッターシャイが行くのを拒んでしまう事だった。このエピソードの英語版タイトル(Dragonshy[ドラゴンシャイ])はDragon(ドラゴン)とFluttershy(フラッターシャイ)のかばん語である。

製作編集

このエピソードから、エンディングのクレジットフォントがゴシック風の落ち着いたフォントに変更された。

概要編集

黒い煙編集

Fluttershy17 S01E07.png

Fluttershyは黒い煙に気付く

エピソードは、Fluttershyが家の周りの動物達に食べ物を与えているところから始まる。Angelに食べ物を与えようとすると、Angelが何かを伝えたそうにする。せき込んだりしても、何を意味しているか分からないFluttershyに、Ponyvilleの上空に黒い煙が流れているのを指さす。黒い煙がもしかしたら火災によるものだと信じ、住人達に警告するが、彼女の柔らかい声と自己主張が出来ない理由で失敗してしまう。Twilight Sparkleがそこに現れ警告することで、住人達は黒い煙に気付くことが出来た。

旅の準備編集

Do we have what it takes.jpg

「何を持っていけばいいかな?」

メインキャラクター達は図書館に集まり、「問題の黒い煙は火事ではなく、眠っているドラゴンによるもの」という内容のPrincess Celestiaからの伝言をTwilightから聞く。Celestiaは「もしドラゴンを飛び立つよう説得できなければ、煙は今後100年に渡ってEquestriaを覆ってしまうだろう」と警告した。Twilight達は、その問題を解決する仕事を引き受けた。

Ponies montage posing S1E07.png

準備オッケー!

ポニー達の準備の様子が1970~1980年のテレビや映画のモンタージュ風のショートムービーでまとめられている。ポニー達はドラゴンのいる山の近くで待ち合わせをする事になっていた。ポニー達は任務に燃えているが、Fluttershyは任務から逃げようする。Rainbow DashはFluttershyが足を引っ張るのではないかと心配する。ところがTwilightは、動物達と分かりあえるFluttershyの才能が役に立つだろうと強調する。Spikeは残ってFluttershyが世話を看ることになっている。

旅の途中で編集

Fluttershy hiding behind Applejack S01E07.png

怯えるFluttershy

"...I'm scared of dragons!"
(・・・ドラゴンが怖いの!)
— Fluttershy

遠く離れた所から聞こえるドラゴンのいびきは、空を飛んで崖を登ろうとしたFluttershyの翼を固めてしまうほど驚かせたり、怯えさせたりする程のものだった。Applejackは気絶したFluttershyを追いつくために長い距離を引っ張ってきた。その後、狭くて深い溝を飛び越えることが出来なかったが、Pinkie Pieので励まされ、超えることができた。さらにその後、崖のそばで驚いて叫んでしまい、うっかり崖崩れを引き起こしてしまう。

その後、ポニー達はとうとう目的地である、ドラゴンの眠る洞窟に到着する。TwilightはFluttershyと共に洞窟に入り、ドラゴンを納得させて飛びだたせたいと思っていたが、Fluttershyは大きなドラゴンが怖いと言った。Fluttershyを励まそうとするが失敗に終わり、結局Fluttershy抜きでドラゴンを納得させる作戦に出た。

ドラゴン編集

Dragonshy2.png

ドラゴンに立ち向かうFluttershy

Twilightはドラゴンに理由を話そうとするも、完全に無視されてしまう。Rarityは魅力を使おうとしたが、ドラゴンの宝石を貰おうとして失敗してしまう。Pinkie Pieは風船、足ひれ、大きな眼鏡、パーティーに使われる笛といった変な格好で洞窟に入るが、成功しなかった。Pinkieの変な格好は、Looney TunesのDuck Amuckに登場するDaffy Duckと似ている。Rainbow Dashの作戦はドラゴンを怒らせてしまい、ドラゴンを外に出す事は出来たが、ポニー達は攻撃を受けてしまった。攻撃を受けて、隠れていたFluttershyを除くポニー達は気絶してしまう。それを見たFluttershyはドラゴンに向かって飛び立ち、弱い者いじめをしてはいけないと注意する。Fluttershyの口調に驚いたドラゴンは、Rainbow Dashに蹴られた事を説明する。FluttershyがRainbow Dashが蹴った事をドラゴンに謝り、ポニーと比べて体の大きなドラゴンに思いやりの心をもう少し持つべきだと付け加えた。更に、いびきが他の動物達に悪影響があるかもしれないから他の場所で眠るように注意した。ドラゴンが泣きだすと、Fluttershyは慰め、ドラゴンは洞窟から離れていった。

物語の終わり編集

Fluttershy41 S01E07.png

今まで通り気絶してしまうFluttershy

Spikeが動物達、特にAngelに手を焼いていた。Twilight SparkleはPrincess Celestiaへ「作戦を成功させた。そして友人への信念を決して失わない事を学んだ」と伝えた。そこに"ball-bouncing"(リフティングのようなもの)の新記録に挑戦するRainbow Dashとメインキャラクター達が集まる。Pinkie Pieがドラゴンの鳴き真似をし、Rainbow Dashにイタズラをすると、Fluttershyがエピソード中にしたような表情で驚いた。エピソードは、驚いて硬直してしまったFluttershyをメインキャラクター達が笑っているシーンで終わる。

エピソード中の会話編集

Fluttershy: Are you okay? Are you coughing because there's a carrot stuck in your throat? Because you need some water?
Angel: [coughing]
Fluttershy: Because of the giant cloud of scary black smoke? [Fluttershy is struck by Angel's carrot] I'll take that as a... Yes.
Twilight Sparkle: According to Princess Celestia, he's taking a nap. His snoring is what's causing all this smoke.
Pinkie Pie: He should really see a doctor. That doesn't sound healthy at all.
Pinkie: (imitating a dragon) Welcome to my cave, Rarity. Care for a diamond? [roar]

Pinkie Pie: I win again!
Rarity: That's 35 games in a row... Best of 71?

Twilight Sparkle: You have a wonderful talent dealing with all kinds of animals.
Fluttershy: Yes. Because they're not dragons...
Rainbow Dash: Oh come on! We've seen you walk up to a horrible manticore like it was nothing.
Fluttershy: Yes. Because he wasn't a dragon...
Pinkie Pie: Spike is a dragon. You're not scared of him.
Fluttershy: Yes. Because he wasn't a huge, gigantic, terrible, enormous, teeth-gnashing, sharp scale-having, horn-wearing, smoke-snoring, could-eat-a-pony-in-one-bite, totally-all-grown-up dragon

Rarity: I was this close to getting that diamond...
Twilight Sparkle: You mean getting rid of that dragon?
Rarity: Oh. Yeah. Sure.

Rarity: Darling, you look ridiculous.
Pinkie Pie: Exactly! Sharing a laugh is a sure-fire way to get someone on your side.

Rainbow Dash: All right, that's it. We tried persuasion, charm, whatever it is Pinkie Pie does.
Pinkie Pie: [busted horn]
Rainbow Dash: It's time to stop wasting time! I'm going in!

Fluttershy : How dare you... How dare you! Listen here, mister! Just because you're big, doesn't mean you get to be a bully! You may have huge teeth, and sharp scales, and snore smoke, and breathe fire... But you do not, I repeat, you do not! Hurt! My! Friends! ...You got that? Well...?
Dragon: ...But, that rainbow one kicked me...
Rainbow Dash: (nods to herself)
Fluttershy: And I am very sorry about that.
Rainbow Dash: (shocked face)
Fluttershy: But you're bigger than she is and you should know better. You should also know better than to take a nap when your snoring can become a health hazard to other creatures.
Dragon: But I?
Fluttershy: Don't you but I me mister. Now what do you have to say for yourself? I said, what do you have to say for yourself?
Dragon: (crying)
Fluttershy: There there. No need to cry. You're not a bad dragon, you just made a bad decision. Now go pack your things. You just need to find a new place to sleep. That's all.

Rainbow Dash: Pinkie Pie! You scared me! I mean... uh... You... broke my concentration.
Fluttershy: It's okay, Rainbow Dash. Not every pony can be as brave as me.

ギャラリー編集

A not so big canyon.png

Dragonshy image gallery(英語)

関連項目編集

備考編集

  1. Raven Molisee's deviantART journal (2012-02-23). Retrieved on 2012 February 23.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki