FANDOM


My Little Pony Friendship is Magic 2017 logo.svg

シーズン7以降のロゴタイトル。


My Little Pony Friendship is Magic logo.svg

シーズン6以前のロゴタイトル。

My Little Pony Friendship is Magic(邦題:マイリトルポニー~トモダチは魔法~)はアメリカの(ハズブロ・スタジオが企画し、カナダのDHXメディア/バンクーバーが製作したMy Little Ponyのアニメーションシリーズ。初公開は2010年10月10日、The Hub channelで公開され、2014年10月13日以降はディスカバリーファミリーで放送されている。2016年10月現在、同シリーズはシーズン6まで放映がされており、2017年春よりシーズン7が放送されている。これらのアニメーションはハズブロのMy Little Ponyシリーズの第四世代(Generation 4、略称は"G4")に当たる。テレビシリーズの立ち上げはパワーパフガールズフォスターズ・ホームのスーパーバイジング・プロデューサーとしても知られるローレン・ファウストによって行われたが、現在は制作陣から離れている。日本では、シーズン2(第52話)までのエピソードがテレビ東京Netflixにて放送・配信された(2016年現在)。

概要編集

Twilight friends S1E02.png

シリーズの主人公・トワイライトスパークル(中央)と親友の5人

シリーズの主人公はエクエストリアに住むユニコーンの女の子、トワイライトスパークルである。同国の女王、プリンセスセレスティアの生徒として友情について勉強をしており、レポートを通じてセレスティアへ友情の報告を重ねている。ベビードラゴンのスパイクが助手として生活を共にしている傍ら、トワイライトのレポートの手助けをしている。
トワイライトは初め友達には関心が無かったが、セレスティアの指示でポニービルへと向かい、5人の個性的なポニーを通じて友情の大切さに気付かされる。スピード自慢のレインボーダッシュ、歌が大好きピンキーパイ、おしゃれが大好きなラリティ、しっかり者のアップルジャック、小さな動物と仲良しなフラッターシャイ。親友となった6人は共に冒険をし、困難にぶつかり、立ち向かい、解決をし、友情の魔法を学んでいく。のちにトワイライトを含む6人は、その友情の力でエクエストリアを幾度となく救うこととなる。

製作と経緯編集

ハズブロ社はこれまでに手掛けてきたMy Little Ponyシリーズを現在の女の子たちに愛されるよう一新したいと考えており、再興策としてアニメシリーズMy Little Pony Friendship is Magicローレン・ファウストの手によって製作された。
ファウストは当時、自身の作品であるMilky Way and the Galaxy Girlsを製品化・アニメ化したいと考えており、ハズブロの幹部・Lisa Licht(リサ・リヒト)に売り込んでいたが、リヒトはファウストの絵柄がMy Little Ponyの世界観に合っていると考え、彼女に新シリーズの制作を手掛けてみないかと提案した。[1]。新シリーズの製作は2008年に開始され、2009年にはシーズン1のアニメーションの製作が開始された[2][3]。番組ディレクターのJayson Thiessen(ジェイソン・ティエッセン)はハズブロとファウストの承認用にストーリーボードと2分間の短編アニメーションを製作した[4]。この短編アニメの段階では、現在トワイライトスパークルの声を担当するタラ・ストロングピンキーパイの声を当てていた。[5]
番組の主な視聴者層として4歳から12歳の女の子を想定しているが、親と一緒に視聴もできるような内容でファウストは製作している[6]。同シリーズは子供のみならず成人の視聴者にも莫大な反響を及ぼしており、DHXメディアの財政報告によれば、最初の3シーズンで同社が年間およそ600万カナダドルの利益を上げたことを報告している。[7][8][9]

おもちゃと商品編集

Main article: toys
See also: merchandise

My Little Pony Friendship is Magicは前述の通り2010年の同社のトイシリーズ(My Little Pony)のリニューアルの一環として製作されているため、アニメとトイシリーズは相互に関係が深い[10](言い換えれば、番組はおもちゃの販売を促進するために製作されている[11])。そのため、おもちゃの設定を本編に登場させたり(ポニービルの小学校など)、本編の描写をおもちゃに取り入れたり(ラリティのブティックなど)することがある[12]。ブランドを所有するハズブロはMy Little Pony製品に関して15のカテゴリで200以上のライセンスを取得しており、同社の事業の主軸としている。小売売上高で2013年には6億5千万ドル[13]、2014年には10億ドル[14][15]の利益を上げている。

キャラクター編集

See also list of characters

ポニー編集

Main article: Ponies

アニメには6頭のメインとなるポニーと、多くの背景キャラクターが登場する。成熟したポニーは臀部にキューティーマークと呼ばれる絵や図柄が出現し、そのポニーの才能や能力、運命などを表している。

ポニーの種類編集

物語の舞台となるエクエストリアには、主として3種類のポニーが存在している:

  • アースポニー:エクエストリアで最もよく見られる種族であり、角や翼をもたない、いわゆる普通のポニーである。他のポニーより大地や自然と仲良しで、花卉や作物を手作業で育てることが多い。
  • ペガサス:翼をもち空を飛ぶほか、雲の上を歩くことのできる種族である。ポニーの3種族の中で唯一、生活圏を空中(雲上)に持つことができる。主としてエクエストリアの天候管理を行っている。
  • ユニコーン:頭に角をもち、魔法が使える種族である。物体浮遊や発光、瞬間移動などの魔法を使えるほか、練習次第では更に高度な魔法を使うこともできる。

この3種族の他に、プリンセスセレスティアプリンセスルナプリンセスケイデンストワイライトスパークル(シーズン4以降) 、フルーリーハートの5人は翼と角の両方を具している。これらは本編ではアリコーンと呼ばれる特殊な種族である。アリコーンは通常のユニコーンが使える魔法より遥かに高度な魔法を使うことができ、例えばセレスティアやルナは太陽と月を昇降させて昼と夜を作り出すことができる。ケイデンスは"愛の魔法"の所有者であり、彼女の訪れる先には愛が溢れ、争いや喧嘩もその魔法で鎮めることができる。トワイライトは友情の魔法をエクエストリア全土に広げることができる。

トワイライトは後天的にセレスティアによりアリコーンとなった(元々はユニコーン)一方で、フルーリーハートは生まれながらにしてのアリコーンである。

年齢と性別編集

ポニーは性別と年齢の観点からcolts(若いオス)、fillies(若いメス)、stallions(成熟したオス)、mares(成熟したメス)の4つのグループに大別される。性別はポニーの容姿から判別ができる。最も特徴的なのはマズル(吻:鼻から顎にかけての出っ張った部分)で、オスは角ばっており大きさもメスのそれより大きい。それ対してメスのマズルは全体的に丸みがあり小ぶりである。但しセレスティアやルナなどの一部のアリコーンはメスだが例外としてマズルは角ばっている。他にも、ポニーの目元に睫毛があるのはメス、無いのがオスという見分け方もある。一部のオスは蹄の先が体毛で覆われておらず、蹄がむき出しになっている(シャイニングアーマービッグマッキントッシュなど)。シーズン1のポニーに少なくとも1人はトランスジェンダーがいるという設定がファウストの中にはあると語っている[16] [17] [18] [19]

See also: Foals

G3以前のMy Little Ponyでは若年層のポニーを全て"baby ponies"と呼称していたが、Friendship is Magicでは学齢期のポニーと乳幼児のポニーを区別している。若いポニーは単に"fillies"や"young ponies"などと呼ばれており、学齢期未満の乳幼児は別の区別がされている。

ファウスト曰く、本編に登場するメインキャラクターの年齢については特に何歳という設定はされていない。[20]しかしながらファウストは、全員(人間でいう)12歳から17歳くらいの年齢で大人として独立していると考えている[21]

メインキャラクター編集

Necklaces without Elements S04E02.png

左からピンキーパイ、レインボーダッシュ、トワイライトスパークル、ラリティ、フラッターシャイ、スパイク、アップルジャック

  • トワイライトスパークル:本作の主人公。紫色の身体に紺色をベースとしたタテガミと尻尾をもつアリコーン(元はユニコーン)。現在はエクエストリアの友情のプリンセスのとしてその責務を果たす。博学で優秀な頭脳をもち、抜きんでた魔力を駆使することができる。エレメントのシンボルは魔法(Magic)。
  • アップルジャック:オレンジの身体に金色のタテガミと尻尾のアースポニー。堅実で頼りがいがあり、困っているポニーは助けずにはいられない。リンゴに縁深いアップル一族の一人であり、ポニービルでスイートアップル農園を営んでいる。茶色いステットソン帽を常に被っている。エレメントのシンボルは信頼(Honesty)。
  • レインボーダッシュ:水色の身体に虹色のタテガミと尻尾をもつ負けん気の強いペガサス。勇敢で大胆、やんちゃで自尊心の高い性格の持ち主である。10秒ぴったりで空一面の雲を清掃できるほか、傑出した飛行スピードが自慢。その男勝りな言動からオスと見紛いそうになるが、れっきとした女の子である。エレメントのシンボルは忠実(Loyalty)。
  • ピンキーパイ:ピンクの身体にマゼンタのタテガミと尻尾のアースポニー。ぶっ飛んだ性格で一見するとどこか抜けているように見えるが、時としてその洞察力や卓越した観察力はトワイライトをも凌駕する。好きなものはお喋りや歌、いたずら、そしてポニーたちの笑う顔。エレメントのシンボルは笑顔(Laughter)。
  • フラッターシャイ:黄色い身体にピンクのタテガミと尻尾のペガサス。とても優しい性格の持ち主だが、非常に内気で、集団の中では我を主張せず静かにしていることが多い。動物が心の底から大好きで、自宅で動物たちの世話をしている。エレメントのシンボルは親切(Kindness)。
  • ラリティ:白い身体に紫のタテガミと尻尾をもつユニコーン。寛容の心を持ち合わせており、お洒落でファッションに興味を持つ。ファッションセンスと情熱は誰よりも卓越していて、しばしば彼女の作品は大衆の注目の的となる一方、友達に対して常に親身に寄り添う。エレメントのシンボルは優しさ(Generosity)。
  • スパイク:紫と緑のベビードラゴン。トワイライトの助手であり良き友でもある。ラリティに密かに恋心を抱いているが、ラリティ本人を含めその特別な感情は周りに筒抜けである。子供とはいえやはりドラゴンであり、くれくれスパイクでは物欲が暴走して巨大な暴竜へと変貌した。しかしながら本人はドラゴンよりポニーとの交流をしたがっている。

メイン悪役編集

シーズン1とシーズン3を除き、各シーズンの最初の2話と最後の2話は連続した話の構成となっている。悪役はこの2話構成のエピソード並びにで登場し、前者の場合ほとんどが後半パートで悪役が倒される。シーズン4の最初の話では、過去の悪役の所業に焦点が当てられており、これが未来の帰らずの森で顕現していた。

  • ティレックシーズン4最終話で初登場した悪役。かつて兄弟のスコーパンと共にエクエストリアへ訪れその魔力を奪おうとしていたが、スコーパンはポニーたちを評価しティレックに計画の中止を申し入れた。しかしこれを拒否したため、ティレックはプリンセスの元へと送致、その罪でタルタロスの元へ追放された。その後、タルタロスの元から脱出した彼は徐々にポニーたちの魔力を奪い始め、遂にはアリコーンを除く全種族の力を奪った。しかし最後は箱に封印されたレインボーパワーを得たメーン6と戦い、敗北。元の場所へと再び投獄された。
  • スターライトグリマーシーズン5の最初に初登場する悪役。「」の長を務め、自分の町に住むポニーの能力を奪い均質化することで統率を図っていた。町民へついてきた嘘が露見すると、町から逃走。その後シーズン5最終話にて姿を現し、時空魔法を使い過去の改変を企てるが、トワイライトの必死の説得により改心をした。その後はトワイライトの弟子としてポニービルに住み、彼女らと共に行動をしている。

エピソード編集

エピソード一覧も参照のこと。

全てのエピソードはTV-Y[23](全年齢対象)で製作されている。

シーズン1編集

テレビチャンネル「The Hub」の立ち上げに合わせ、正式なシリーズ開始日(2010年10月10日)の5日前に最初のエピソードの「プレビュー」でシーズン1は開幕した。 ナイトメアムーンに焦点を当てたプロットでシーズン1の最初の2話が紹介された。第3話ではシーズン1最終話の舞台となるグランドギャロッピングガラが紹介される。番組の開発者であるLauren Faustは当シーズンのエグゼクティブプロデューサーとして活躍した。 シーズン1のエピソードは全てにおいて「教育的および有益」と評価が下されている。

当シーズンは主にトワイライトがポニービルの生活に慣れていく過程、そしてメーン6とキューティーマーククルセイダーズの友好関係の深化に焦点を当てている。

シーズン2編集

ファウストはシーズン2の番組制作からは退き、主としてストーリー構想と脚本に注力すると発表した。 第1話第2話では「テレビ展開(Developed for Television by)」と「エグゼクティブプロデューサー(Executive Producer)」としてクレジットされており、これ以降は 「コンサルティングプロデューサー(Consulting Producer)」としてクレジットに載っている[24]

シーズン2の放送は2011年9月17日。シーズン1と同様最初の2話は連続しており、エレメントオブハーモニーに関する冒険を繰り広げる。エピソード11、12、13は製作順と放送順が異なっており、これはメリーメリーキャンタロットをクリスマスのシーズンに合わせる狙いがあった。そのため、11話と12話の放送より前に13話が放送されている。最終話は2012年4月21日で、2話構成のロイヤル・ウェディングが放送された。

トワイライトがピンチ!のエピソード以降、セレスティアは毎週友情の手紙を送付することは免除したが、代わりに友達も一緒に必要なときだけ報告するよう命じた。このため友情についての学習はトワイライトスパークルだけではなくなっていった。

We Heart Ponies Fan Favorite Mare-a-Thon編集

Hearts and Hooves Day放映の数週間前、The Hubはファンが今までの放送から9つを選んで放送する「We Heart Ponies Fan Favorite Mare-a-Thon」を放映すると発表した。それらはHearts and Hooves Day放送の直前にLuna Eclipsed, Green Isn't Your Color, The Best Night Ever, Suited For Success, May the Best Pet Win!, Party of One, Lesson Zero, Feeling Pinkie Keen, Hearth's Warming Eveの順に放送された。

シーズン3編集

シーズン3は2012年11月10日に放映が開始された[25]。Hubはそれまでの2シーズンと違い、シーズン3は半分の13話しかエピソードに割り当てていなかったが[26]、 構成家のWilliam Andersonは以降のシーズンはまた違う話数構成であることを仄めかしていた。[27] 脚本家のMeghan McCarthy、Cindy Morrow、M.A. Larson、Dave Polskyが番組に復帰し、though story editor for the first and second seasons Rob Renzetti is replaced by Meghan McCarthyオンライン版L.A. Timesで(2012年4月)にて"ショーランナー"と評されていたMeghan McCarthyが[28]、シーズン2までのシリーズ構成担当だったRob Renzettiに代わり構成担当となった[29]。シーズン3に登場する歌のうち、2曲は本放送前にハズブロから公式に上映されており、ComicCon 2012ではThe Failure Songが、そしてYoutubeではThe Ballad of the Crystal Empireが放送前に公開されていた。シーズン3初回のクリップ放送はFacebookにて公開された。最終話、Magical Mystery Cureは2013年2月16日に放映された。

シーズン4編集

2013年2月上旬、番組の音楽作曲家・Daniel Ingramが91のエピソードリストが掲載されたレジュメを所持しており、シーズン3までの合計65話を差し引くとシーズン4は計26話構成であることが判明した。2013年2月20日に開催されたLas Pegasus Unicon conventionでMeghan McCarthyは、シーズン4の製作は"全力(in full swing)"であると公言した[30]。同年7月のSan Diego Comic Conでは、3つのエピソードと第4話で歌われる歌のクリップが公開された[31]。加えて同年10月23日、Hub Networkはウェブ上でシーズン4最初の2話のあらすじを公開した[32]。そうして2013年11月23日、シーズン4の放送が開始された。

それまでのシーズンとは違い、シーズン4はメーン6が不思議な箱と6つの鍵を巡る長い物語が展開される[33]。シーズン4最終回、Twilight's Kingdomは2014年5月10日に放映された。

My Little Pony Mega Mare-A-Thon編集

Hub Networkは2014年8月4日から5日間、これまでのMLP本篇エピソードを放送順に放映する"My Little Pony Mega Mare-A-Thon"を開催した。5日間のイベントでは、メーン6がファンからの質問に答える"Ask a Pony"のコマーシャルやMy Little Pony Equestria Girlsの上映、そしてG3世代のエピソード3本(My Little Pony: Twinkle Wish AdventureMy Little Pony: The Princess PromenadeMy Little Pony Crystal Princess: The Runaway Rainbow)の放送などのコンテンツが含まれていた。

シーズン5編集

ハズブロスタジオ社長、Stephen DavisがWorldScreen.comのインタビューでマイリトルポニーについて言及しており、"We are now going into our fifth season—just a tremendous success for us."(シリーズは大成功を収めており、我々は現在シーズン5の製作に入っている。)と語っていた[34]。2014年5月には、Hub NetworkがTwitterとFacebookにてシーズン5の放送が2015年であることを告知し、[35][36]Examiner.comが同月7日にシーズン7のエピソードは全部で26話という記事を掲載した[37]。2014年7月、San Diego Comic-Conにて4分間の新エピソードのクリップ映像が公開された[38]。11月17日には、YoutubeのMLPオフィシャルチャンネルでシーズン5の映像広告がアップロードされ、シーズン5の放送は2015年春ということが告知された[39]。そうして2015年4月14日、シーズン5の初放送がされたが、放送局名がそれまでのhubから変わり、Discovery Family Channelとなった。

シーズン5は最初の2話と最後の2話が繋がっており、スターライトグリマーがメーン6を通じて改心をする物語が描かれる。最終回、The CutieRe-Markは2015年11月28日に放映された。

シーズン6編集

ディスカバリー・コミュニケーションズの記事では、ディスカバリーファミリーの2015-16年前半期、昼番組の構成の1つとして"My Little Pony Friendship is Magic Season 6"と記載されていた[40]。 これについて2015年3月31日Jim Millerは、Twitterでフォロワーからの質問に"I think that's a typo."(タイプミスじゃないかな。)と回答している[41]。数時間後、Meghan McCarthy[42]Michael Vogel,[43]が同じくTwitterで"#MLPseason6"のハッシュタグをつけて"Don't believe it. #MLPseason6 #conspiracy"と発言しているほか、Josh Haberも"Believe? #MLPSeason6 pic.twitter.com/GcHUkEjPHu"とツイートをしており、その期間でのシーズン6の放送について否定をした[44][45]。Millerも後にこの(シーズン6の否定)発言を追認するツイートをした[46]。2015年7月にハズブロがTwitterで、マイリトルポニーのシーズン6が今年の後半に放送されるという発言をしたが[47]、後にこれは誤報であるという事が判明した[48]

2015年9月19日、MillerはTwitterにてシーズン6が26話構成であることを明かした[49]。 年が変わり2016年1月、Yahoo! TVのプレスリリースにてMy Little Pony: Friendship Is Magicのシーズン6が同年春にディスカバリーファミリーから放送されると告知された[50]。2016年のハズブロ・トイフェアでは、ハズブロはシーズン6の内容を少し公開しており、新しいドラゴングリフォンのキャラクターの登場や[51]、Hearth's Warming Eveをテーマにした歌の登場を示唆していた[52]。また、同イベントではシーズン6の開始を同年5月としていたものの[53]、後にディスカバリーファミリーのプロモーションが放送された際の発表では、その日付は2016年3月26日と早まった。

Party with the Ponies!編集

2016年12月31日6:00(5:00am CT)より、ディスカバリーチャンネルにて"Party with the Ponies!"と題したカウントダウン番組が新年1月1日まで放送された。番組ではシーズン6の後半のエピソード他、Equestria GirlsRainbow RocksFriendship Games、そしてLegend of Everfreeが放送された。

シーズン7編集

2016年3月上旬、Leah JadeがDHXとの会議[54]のあとにTwitterにて"season 7 of MLP is in production"(MLPシーズン7は製作中)[55]との呟きを残しており、4月中旬には制作側から止められた投稿については消去すると言及している[56]。4月中旬後半、Jim Miller氏はこの問題について尋ねられると"We're still working on 6!"(まだシーズン6の作業をしているよ!)と返答し、Jadeは前述に関連する呟きを削除した。 4月29日、Millerが"Do you know if there will be a season 7 of mlp?"(MLPシーズン7があるかどうかご存知ですか?)との質問に"That's Hasbro's decision to make."(それはHasbroの決定だ)との回答をしている[57]

2016年10月4日、World Screenにて"Next year will also see the premiere of a new season of the hit TV show My Little Pony: Friendship is Magic,"[58](来年には人気番組"My Little Pony Friendship is Magic"の新シーズンが始まるだろう)と告知がされ、またEquestria Dailyもハズブロの広告を引用し"Hasbro can confirm that My Little Pony Friendship is Magic is not switching to Netflix for Season 7."(My Little Pony: Friendship is Magicシーズン7の放送はNetflixへ切り替えないことをハズブロが確認している)と言及した。[59] 10月18日、ハズブロはプレスリリースを通じてシーズン7の放送が2017年春であることを発表する[60]。そして2017年1月にはDiscovery FamilyがTwitterのプライベートメッセージにてシーズン7の放送が同年4月であることを確認した[61]。3月15日、テレビ放送でシーズン7の放送初回が4月15日であることが確定した[62]

Pony Palooza編集

2017年4月8日AM6:00(東海岸時刻、中央部はAM5:00)より、Discovery Familyは「Pony Palooza」と題してシーズン7初回放送開始までマイリトルポニーの放送を毎週行った。内容はシーズン6までの全てのエピソードを1日中、一週間にわたって放送するというものだった。

Ambox notice.png
途中書き:このページは、まだ途中書きです。

声の出演編集

crewおよびcreditsも参照。

声優(英語版)編集

歌担当(英語版)編集

Most of the voice cast consists of Canadian voice actors. They are from Ocean Productions in Canada and the voices are recorded in Vancouver, Canada, with the exception of Tara Strong, who records all her dialogue at her home in Los Angeles,[63] with occasional trips to Vancouver to record with the rest of the cast.[64]

International broadcast編集

Main article: International broadcast
For list of changes to the international versions of FiM, see /International edits.

Hasbro, the company that owns the brand, sees international media licensing as an important revenue source.[14] The show and its related media is broadcast around the world.

My Little Pony movies編集

Equestria Girls spin-off films編集

Equestria Girls編集

Main article: My Little Pony Equestria Girls

Hasbro announced at their Hasbro New York Toy Fair 2013 Investor Event that a My Little Pony direct-to-television movie was at that time in post-production.[65] The movie was announced in May 2013 to be My Little Pony Equestria Girls, which received a limited theatrical run starting June 16, 2013, followed by a DVD and Blu-ray release on August 6, 2013, and a television airing on The Hub on September 1, 2013.

Rainbow Rocks編集

Main article: My Little Pony Equestria Girls: Rainbow Rocks

A sequel to Equestria Girls entitled My Little Pony Equestria Girls: Rainbow Rocks was announced in mid-February 2014. It received a limited theatrical run beginning September 27, 2014, followed by a television airing on Discovery Family on October 17, 2014 and a DVD and Blu-ray release on October 28, 2014.

Friendship Games編集

Main article: My Little Pony Equestria Girls: Friendship Games

On January 29, 2015, Australian home media distributor Beyond Home Entertainment stated via Facebook that they had obtained distribution rights for seasons 4 and 5 of the show, in addition to Rainbow Rocks and the "third Equestria Girls [movie]".[66] It aired on Discovery Family on September 26, 2015 and released on DVD and Blu-ray on October 13, 2015.

Legend of Everfree編集

The fourth Equestria Girls installment was teased by Rainbow Rocks co-director and Friendship Games director Ishi Rudell[67] and later confirmed by Hasbro Studios president Stephen Davis.[68]

Feature film編集

On October 20, 2014, Hasbro and AllSpark Pictures announced a feature-length My Little Pony movie slated for release sometime in 2017. Joe Ballarini (Ice Age: Continental Drift)[69][70] was originally announced to be writing the script. Meghan McCarthy will be acting as co-producer and screenwriter.[71][72] The cast from the TV series will be reprising their roles along with actresses Emily Blunt and Kristin Chenoweth voicing new characters.

Home media編集

Main article: Home media

Both season one and season two of Friendship is Magic are available for download from iTunes. Episodes can be purchased in either 480p Standard Definition or 720p and (as of iTunes version 10.6) 1080p High Definition. Individual episodes cost US$1.99 in SD or US$2.99 in HD, while entire seasons, including Season Passes, retail at US$39.99 (SD) and US$49.99.

Episodes of Friendship is Magic have been added to online video streaming service, Netflix, starting April 1, 2012.

Target has offered a two-episode DVD, Celebration at Canterlot, as a bundle together with select toy sets.

On February 28, 2012, a five-episode Region 1 DVD, subtitled The Friendship Express, was released by Los Angeles-based distributor Shout! Factory. The DVD contains the following episodes: Friendship is Magic, parts 1 and 2, Over a Barrel, Hearth's Warming Eve and The Last Roundup. Bonus content includes biographical sketches of the main characters, a karaoke sing-along of the opening theme song and an episode of Pound Puppies.

A Region 4 edition was released on June 20, 2012.[73] Australian entertainment company Madman has been given the rights to distribute season one of Friendship is Magic in both Australia and New Zealand. The release will feature five separate DVD volumes, each disc containing episodes from the show's first season. A collector's box will also be released, starting at a retail price of AU$29.99; it will contain the volume 1 DVD and be meant to store all volumes after purchase.

Typeface編集

The series uses a typeface named Generation B for its subtitle and various opening credits. Generation B is also used by other media. A similar fan-created typeface, Celestia Medium Redux, is used by Gameloft's mobile game.[74] Some of Hasbro's online[75] usage[76] of Generation B[77][78] in January 2016[79] got broken, either removed[80] or attempted to be switched to Lakki Reddy[81] (Telugu: లక్కిరెడ్డి).テンプレート:Specify

The typeface Woodrow Regular is used for the series' episode title cards and the closing credits from Friendship is Magic, part 1 to Boast Busters.

The Japanese language dubs use three different fonts in certain key areas. One of those fonts is used for the subtitles to its opening and closing themes, and the subtitles to songs that are not translated are used with this font as well. Another font is used for the opening credits and a variation of that font appears in the series' Japanese logo. The font that is used for the Japanese version of the Gameloft mobile game is used for the episode titles.

Case編集

Regarding Generation B, the January 21, 2016 case 1:16-cv-00320-CBA-PK has a complaint from Font Brothers against Hasbro[82] with exhibition both of Hasbro materials and of fan materials.[83] Font Bros deleted one of two instances of its years-old online statement, "Generation B is one of the official fonts used in the TV series My Little Pony: Friendship is Magic! Enjoy, my little Bronies!",[84] on January 25, 2016.[85]

Reception編集

テンプレート:Original research

Critical reception編集

The series has received positive reviews from critics. Todd VanDerWerff of the A.V. Club favorably noted its "sheer and utter joyfulness" and lack of cynicism, unlike many other shows that garnered a cult following of parents and adults. He complimented the characters' stylized appearance, the stories' relative complexity for children's television, and the solid jokes which make the show enjoyable for parents as well as children. He gave the series a B+.[86] Genevieve Koski of the A.V. Club later commented that Friendship Is Magic is an example of a show that, while considered "girly", has been able to tap into the nerd culture to allow it to gain wider acceptance than other comparable forms.[87] Emily Ashby of Common Sense Media, an organization focusing on the parenting aspect of children's media, gave the show a rating of four out of five stars, emphasizing its messages of friendship, tolerance and respect, but advised parents to be wary of the "influence the characters might have on their kids' desires, since it's rooted in a well-known product line of books, toys, and just about everything in between."[88] Liz Ohanesian, for L.A. Weekly, said that the show is "absolutely genuine in its messages about friendship but never takes itself too seriously".[89] Matt Morgan, writing for Wired's "GeekDad" column, praised the show for having "rebooted the long-time Hasbro property while managing to lace it with geeky undertones" and being one of the few "girl-focused shows that a geeky dad can appreciate with his daughter".[90]

Kathleen Richter of the magazine Ms. believed that Friendship Is Magic did little to change the nature of older animations for girls, which she considered "so sexist and racist and heteronormative." For example, she suggested that, through the character of Rainbow Dash, the show was promoting the stereotype that "all feminists are angry, tomboyish lesbians." She also considered that the only darker-colored ponies shown to date were in positions of servitude towards the "white pony overlord."[91] Lauren Faust responded to these claims by stating that while Rainbow Dash was a tomboy, "nowhere in the show is her sexual orientation ever referenced" and "assuming [tomboys] are lesbians is extremely unfair to both straight and lesbian tomboys", and further stating that "Color has never, ever been depicted as a race indicator for the ponies."[92] Amid Amidi, writing for the animation website Cartoon Brew, was more critical of the concept of the show, calling it a sign of "the end of the creator-driven era in TV animation". Amidi's essay expressed concern that assigning a talent like Faust to a toy-centric show was part of a trend towards a focus on profitable genres of animation, such as toy tie-ins, to deal with a fragmented viewing audience, and overall "an admission of defeat for the entire movement, a white flag-waving moment for the TV animation industry."[93][94]

Ratings編集

Friendship is Magic originally premiered with an average viewership of 1.4 million per month, but expanded to 4 million per month by the end of the first season,[95] making it the highest-rated of any Hasbro offering at the time.[90] Advertising Age reports that the viewership doubled between the first and the second season.[96] The Hub reported that Hearts and Hooves Day which aired on February 11, 2012, in the middle of the second season, was the show's most-viewed episode ever, and the second highest of any program of the Hub network; its viewership exceeded 150% of that of the previous year.[97] This was surpassed by the two-part season two finale, A Canterlot Wedding, airing in April 2012, marking the broadcast as the highest viewership for the Hub Network to that date.[98]

Awards and nominations編集

Friendship is Magic was nominated for three British Columbia Leo Awards for Animation, "Best Program", "Best Direction", and "Best Overall Sound".[99] Additionally, the songs Becoming Popular (The Pony Everypony Should Know) and Find A Pet Song, both written by Daniel Ingram, were nominated but did not win for "Outstanding Original Song – Children's and Animation" in the 39th Daytime Emmy Awards.[100] The show was named the best animated show for the 2011–2012 television season in a user poll at the website Television Without Pity.[101]

Gallery編集

See also編集

References編集

  1. Joe Strike (2011-07-05). Of Ponies and Bronies. Animation World Network. Retrieved on 2012 2月 13.
  2. Lauren Faust (2011-03-17). buy original MLP art and help Japan. Retrieved on 2012 2月 12. “Both of these sketches are early development artwork from 2008 and some of the earliest drawings I did of the MLP:FIM characters.”
  3. Lauren Faust (2010-01-01). Galaxy Girls, My Little Pony and 2010. Retrieved on 2012 2月 12.
  4. Jayson Thiessen (2015-03-06). Jayson Thiessen on Twitter: "@dash_twilight I was hired by DHX, but @Fyre_flye and Hasbro had to be happy with me first. I boarded/animated a 2min short to prove.". Twitter. Retrieved on 2015 5月 4.
  5. Post by Nayuki on an Allspark thread (2012-06-19). Retrieved on 2012 6月 22. Archived locally.
  6. Lauren Faust (Jan 13, 2011). deviantArt comment on parents, teens, and adults watching the show. Retrieved on 2015 6月 22.
  7. DHX Media Fiscal 2010, p. 7 (2010). Retrieved on 2015 5月 27. “$3.53 million for My Little Pony Season I”
  8. DHX Media Fiscal 2011, p. 7 (2011). Retrieved on 2015 5月 27. “$5.83 million for My Little Pony Seasons 1-2”
  9. DHX Media Fiscal 2012, p. 7 (2012). Retrieved on 2015 5月 27. “$5.11 million for My Little Pony Seasons 1-3”
  10. Vara, Vauhini (2011-11-04). Hey, Bro, That's My Little Pony! Guys' Interest Mounts in Girly TV Show. The Wall Street Journal. Archived from the original on 2011-12-01. Retrieved on 2011 11月 4.
  11. EQD Interviews - MLP Season 6 Supervising Director Big Jim Miller!. Equestria Daily. Blogger (2016-03-17). Retrieved on 2016 3月 17.
  12. Exclusive Season 1 Retrospective Interview with Lauren Faust(Equestria Daily) (Sep 16, 2011). Retrieved on 2017 1月 10.
  13. Tony Lisanti (May 1, 2015). The Top 150 Global Licensors. Global License!. Retrieved on 2015 5月 19.
  14. 14.0 14.1 Hasbro 2015 Investor Update at Toy Fair (Feb 13, 2015). Retrieved on 2015 5月 19.
  15. Hasbro 2014 Annual Report (Feb 26, 2015). Retrieved on 2015 5月 20.
  16. Lauren Faust (2016-03-28). Lauren Faust on Twitter: ".@thepatcat Ok, that one was. At least in MY head.". Twitter. Retrieved on 2016 4月 9.
  17. Lauren Faust (2016-03-29). Lauren Faust on Twitter: ".@Epers @prpltnkr @DiracDrynx Exactly! There may be more, but only one I knew.". Twitter. Retrieved on 2016 4月 9.
  18. Lauren Faust (2016-03-29). Lauren Faust on Twitter: ".@prpltnkr @DiracDrynx The character is a pony". Twitter. Retrieved on 2016 4月 9.
  19. Lauren Faust (2016-03-27). Lauren Faust on Twitter: "For reals one S1 character is trans.". Twitter. Retrieved on 2016 4月 9.
  20. Lauren Faust (2010-12-05). Faust describing the ages and maturity levels of the main characters. Retrieved on 2013 9月 14. Archived locally.
  21. Lauren Faust (2011-02-26). Faust commenting on the ages of the main characters. Retrieved on 2013 9月 14. Archived locally.
  22. Princess Twilight Sparkle - Part 1を参照
  23. Jim Miller (2015-04-11). Big Jim on Twitter: "@deadpooliskind Because it's not. It's not designed to be. Those shows are great and do good work. We're good in a different way.". Twitter. Retrieved on 2015 4月 26.
  24. Lauren Faust (May 8, 2011). THANK YOU!!!. Retrieved on 2011 8月 2.
  25. Hillary Busis (2012-10-18). Exclusive scoop on 'My Little Pony' season 3. Entertainment Weekly. Retrieved on 2012 10月 18.
  26. Nerdist Writers Panel #48: Animation Celebration! (May 6, 2012). Retrieved on 2012 7月 28.
  27. William Anderson (July 27, 2012). don't worry. Retrieved on 2012 7月 27.
  28. T.L. Stanley (April 19, 2012). A Brony gathering: SoCal men let their ‘My Little Pony' flag fly. Los Angeles Times. Retrieved on 2012 4月 26.
  29. Season 3 Confirmation and Rumors (Nov 9, 2011). Retrieved on 2012 9月 20.
  30. 'My Little Pony: Friendship is Magic' exclusive: Season 4 premieres on .... Entertainment Weekly (2013-07-25). Retrieved on 2013 7月 25.
  31. My Little Pony: Friendship is Magic Season 4 Animatic at San Diego Comic Con. Retrieved on 2013 9月 11.
  32. The Hub Network press release (2013-10-23). Retrieved on 2013 10月 23.
  33. Meghan McCarthy (2013-11-23). MMeghanMcCarthy: Season. Long. Story Arc. #sixkeys .... Twitter. Retrieved on 2013 11月 24.
  34. Anna Carugati (2014-01-10). Q&A with Hasbro's Stephen Davis. WorldScreen.com. Retrieved on 2014 1月 10.
  35. HubTVNetwork: BREAKING: #MLPSeason5, coming .... Twitter (2014-05-07). Retrieved on 2014 5月 9.
  36. Hub Network - Timeline Photos. Facebook (2014-05-07). Retrieved on 2014 5月 9.
  37. The Hub Network renews 'My Little Pony: Friendship is Magic' for a fifth season. Examiner.com (2014-05-07). Retrieved on 2014 5月 7.
  38. SDCC 2014 Season 5 My Little Pony Panel Animatic. Retrieved on 2014 7月 28.
  39. Hasbro (2014-11-17). My Little Pony Season 5 Teaser (Spring 2015) - Twilight Sparkle Recap. YouTube. Retrieved on 2014 11月 17.
  40. discovery family channel leaps into 2015-16 upfront season. Discovery Communications (2015-03-31). Retrieved on 2015 3月 31.
  41. Jim Miller (2015-03-31). Big Jim on Twitter: "@EquestriaGuy @goldenrusset @MMeghanMcCarthy @mktoon @WheelOfCheese I think that's a typo.". Twitter. Retrieved on 2015 3月 31.
  42. Meghan McCarthy (2015-03-31). Meghan McCarthy on Twitter: "#MLPseason6". Twitter. Retrieved on 2015 3月 31.
  43. Michael Vogel (2015-03-31). mktoon on Twitter: "#MLPseason6". Twitter. Retrieved on 2015 3月 31.
  44. Josh Haber (2015-03-31). Josh Haber on Twitter: "Don't believe it. #MLPseason6 #conspiracy". Twitter. Retrieved on 2015 3月 31.
  45. Josh Haber (2015-03-31). Josh Haber on Twitter: "Believe? #MLPSeason6 http://t.co/GcHUkEjPHu". Twitter. Retrieved on 2015 3月 31.
  46. Jim Miller (2015-04-01). Big Jim on Twitter: "@MLPRainbow20 It's true.". Twitter. Retrieved on 2015 4月 1.
  47. Hasbro (2015-07-08). We're so excited for season 6 of #MyLittlePony #FriendshipisMagic coming later this year - RT if you agree! #HasbroSDCC #SDCC. Twitter. Retrieved on 2015 7月 8.
  48. Hasbro (2015-07-09). Correction! Second half of #MyLittlePony #FriendshipisMagic season 5 is coming later this year. #HasbroSDCC Forgive us, we got nervouscited. Twitter. Retrieved on 2015 7月 9.
  49. Jim Miller (2015-09-19). Big Jim on Twitter: "@FaustXXXVII episodes this season, and 26 more coming for season 6. There's going to be something more for you to enjoy.". Twitter. Retrieved on 2015 9月 19.
  50. Breanne L. Heldman (2016-01-28). 'My Little Pony: Friendship Is Magic': First Look at Baby Flurry Heart Will Warm Your Soul. Yahoo! TV. Retrieved on 2016 1月 28.
  51. Sethisto (2016-02-13). New Griffon Character Revealed at Toy Fair MLP Presentation Named Gabby - With Interesting New Lore. Equestria Daily. Retrieved on 2016 2月 13.
  52. Sethisto (2016-02-13). New Hearthswarming Eve Season 6 Song Revealed at Toy Fair 2016. Equestria Daily. Retrieved on 2016 2月 13.
  53. Sethisto (2016-02-12). Season 6 of My Little Pony Arrives In MAY 2016!. Equestria Daily. Retrieved on 2016 2月 12.
  54. Leah Jade (2016-03-10). Leah Jade on Twitter: "So I met with DHX today!!! Got them to look at my portfolio and got some great compliments on it!! :'D". Twitter. Retrieved on 2016 4月 17.
  55. Leah Jade (2016-03-10). Leah Jade on Twitter: "Not sure if it's been officially announced yet but for anyone who cares, season 7 of MLP is in production, just sayin'". Twitter. Retrieved on 2016 4月 17. Archived.
  56. Leah Jade (2016-04-17). Leah Jade on Twitter: "@ArrJaySketch I'll make sure to remove it if it isn't :) but for now it doesn't seem to be a big deal. Thank you for the concern!". Twitter. Retrieved on 2016 4月 17.
  57. Jim Miller (2016-04-29). Big Jim on Twitter: "@Arcmanno51 That's Hasbro's decision to make.". Twitter. Retrieved on 2016 4月 29.
  58. My Little Pony: Friendship is Magic: Season Seven + Equestria Girls Specials Ordered. TV Series Finale (2016-10-20). Retrieved on 2017 2月 5.
  59. Official Confirmation: MLP Season 7 NOT Switching to Netflix Premiere, and Definitely Coming. Equestria Daily. Blogger (2016-10-04). Retrieved on 2016 10月 5.
  60. Sethisto (2016-10-18). My Little Pony Season 7 Officially Airing on Discovery Family with Equestria Girls Specials - Plus Movie Info!. Equestria Daily. Retrieved on 2016 10月 18.
  61. Sethisto (2017-01-01). Season 7 of My Little Pony: Friendship is Magic Returns in April!. Equestria Daily. Retrieved on 2017 2月 7.
  62. Jared Albert (2017-03-15). New Family Bonds and Magical Friendship Adventures Await in Discovery Family's My Little Pony: Friendship is Magic Season Seven Premiere on Saturday, April 15 at 11:30a/10:30c. Discovery Family Channel. Retrieved on 2017 3月 15.
  63. Everfree Network (2012-06-05). Interview: Tara Strong. Retrieved on 2014 2月 6.
  64. Tara Strong (2014-05-22). Dats a lotta pretty ponies.. Twitter. Retrieved on 2014 8月 13.
  65. Hasbro Toy Fair 2013 Presentation (2013-02-08). Retrieved on 2013 2月 9.
  66. Mark Davenport - Have you taken over taken the rights of.... Facebook (2015-01-29). Retrieved on 2015 1月 30.
  67. Ishi Rudell (2015-10-01). Yup, there's a pretty good chance... https://t.co/PE3xE1zrxr. Twitter. Retrieved on 2015 10月 6.
  68. mipmarkets (2015-10-03). Keynote: Stephen Davis, Hasbro - MIPJunior 2015. YouTube. Retrieved on 2015 10月 3.
  69. Oliver Gettell (2014-10-20). 'My Little Pony' movie in development at Hasbro. Los Angeles Times. Retrieved on 2015 1月 17.
  70. Hilary Lewis (2014-10-20). Hasbro Working on 'My Little Pony' Movie. The Hollywood Reporter. Retrieved on 2015 1月 17.
  71. Marc Graser (2014-10-20). ‘My Little Pony’ Movie in the Works at Hasbro Studios (EXCLUSIVE). Variety. Retrieved on 2014 10月 20.
  72. the magic of friendship comes to the big screen in a new my little pony movie from hasbro's allspark pictures and lionsgate. PR Newswire (2015-08-07). Retrieved on 2015 8月 7.
  73. My Little Pony; Friendship is Magic. MadMan.com. Retrieved on 2012 5月 1.
  74. Screenshot of game resources using Celestia Medium Redux (2012-12-05). Retrieved on 2013 7月 12.
  75. spring2016.css. Retrieved on 2016 1月 26.
  76. http://www.hasbro.com/common/assets/html5/MyLittlePony/Explore-Equestria/css/styles.css. Wayback Machine. Internet Archive. Retrieved on 2016 1月 26.
  77. http://www.hasbro.com/common/assets/html5/MyLittlePony/Explore-Equestria/fonts/GenerationB.otf. Wayback Machine. Internet Archive. Retrieved on 2016 1月 26.
  78. http://www.hasbro.com/common/assets/html5/MyLittlePony/Explore-Equestria/fonts/tr-tr/GenerationBTR.ttf. Wayback Machine. Internet Archive. Retrieved on 2016 1月 26.
  79. http://mylittlepony.hasbro.com/fonts/GenerationB.otf. Wayback Machine. Internet Archive. Retrieved on 2016 1月 26.
  80. 404 Not Found. Retrieved on 2016 1月 26.
  81. styles.css. Retrieved on 2016 1月 26.
  82. FM (2016-01). Microsoft Word - 00024970.DOCX. Retrieved on 2016 1月 26.
  83. ponyev (2016-01). Retrieved on 2016 1月 26.
  84. Generation B Font Family by Harold's Fonts. Font Bros. Font Brothers. Retrieved on 2016 1月 26.
  85. http://www.fontbros.com/families/generation-b/styles/regular. Wayback Machine. Internet Archive. Retrieved on 2016 1月 26.
  86. VanDerWerff, Todd (2011-04-29). My Little Pony Friendship Is Magic. The A.V. Club. Retrieved on 2011 4月 30.
  87. Koski, Genevieve (2011-07-05). Why should grown women be ashamed of holding onto their adolescent passions?. The A.V. Club. Retrieved on 2011 7月 5.
  88. Ashby, Emily (2011-01-30). My Little Pony Friendship Is Magic – Television Review. Common Sense Media. Retrieved on 2011 5月 9.
  89. テンプレート:Cite
  90. 90.0 90.1 Morgan, Matt (2011-09-17). Could My Little Pony Be Raising the Next Generation of Geeks?. Wired. Archived from the original on 2013-02-09. Retrieved on 2011 9月 17.
  91. Richter, Kathleen (2010-12-09). My Little Homophobic, Racist, Smart-Shaming Pony. Ms.. Retrieved on 2011 7月 7.
  92. Faust, Lauren (2010-12-24). My Little NON-Homophobic, NON-Racist, NON-Smart-Shaming Pony: A Rebuttal. Ms.. Retrieved on 2011 7月 6.
  93. Amidi, Amid (2010-10-19). The End of the Creator-Driven Era in TV Animation. Cartoon Brew. Retrieved on 2011 6月 9.
  94. Beck, Jerry (2011-09-24). We've Created A Bronster!. Cartoon Brew. Retrieved on 2011 9月 25.
  95. テンプレート:Cite
  96. Pollack, Judann (2011-11-28). 'My Little Pony: The Friendship Is Magic' Gains Unexpected Audience – Adults. Ad Age. Retrieved on 2011 11月 28.
  97. テンプレート:Cite
  98. テンプレート:Cite
  99. Leo Awards – Nominees by Program. Motion Picture Arts and Sciences Foundation of British Columbia (2012-05-02). Retrieved on 2012 5月 2.
  100. 39th Daytime Entertainment Emmy Awards Nominations. National Academy of Television Arts and Sciences (2012-05-09). Retrieved on 2012 5月 9.
  101. Cheney, Jen (2012-09-17). ‘My Little Pony: Friendship is Magic’ is the best animated show on TV, according to the Tubeys. Washington Times. Retrieved on 2012 9月 17.

External links編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki