FANDOM


Celestial Advice
Starlight Glimmer surrounded by friends S7E1.png
シーズン №: 7
シーズンエピソード №: 1
合計エピソード №: 144
放送日: 2017/4/15
脚本: Joanna Lewis and Kristine Songco
ストーリーボード: Kaylea Chard and Mike Myhre
注目キャラクター: スターライトグリマー
プリンセスセレスティア
参照
エピソードガイド

To Where and Back Again - Part 2

All Bottled Up

Celestial Adviceはマイリトルポニー〜トモダチは魔法〜のシーズン7の最初のエピソードで、全体では144番目のエピソード。

トワイライトスパークルスターライトグリマーの将来について思い悩み、プリンセスセレスティアから助言をもらう。

収録編集

DVDMy Little Pony Friendship Is Magic: Twilight And Starlightに収録されているエピソードである。[1]

概要編集

プロローグ編集

Twilight "the first thing she'll see when she wakes up" S7E1.png

トワイライトのフレンドシップミラー

このエピソードは、スパイクがトワイライトのスターライトグリマーと会話する場面から始まる。スパイクがグリマーと話している間、トワイライトはグリマーの部屋にテレポートし、気付かれないよう寝室の壁の長さを測定した。測定が終わると二人はトワイライトの寝室へ戻り、メダル授与式後にグリマーと友人の写真を飾った鏡を彼女へ贈呈する計画を立てた。
その間、ピンキーパイはテーブル、旗、風船などで城のダイニングホールを一瞬で飾った。

トワイライトの計画編集

Twilight "she taught me about this one!" S7E1.png

もう教えることがない!

しばらくして、城のダイニングホールはクイーンクリサリスからエクエストリアを救ったスターライトグリマー、トリクシーディスコードトーラックスの4人を表彰するため多くのポニーが集まった。クリサリスの侵略の阻止、およびチェンジリングたちの解放という功績を讃え、4人には"Pink Heart of Courage"(ハート型の宝石がはめこまれたメダル)が授与された。後のレセプションパーティーへと場面が切り替わり、ディスコードがトワイライトにどのような計画をしているか質問をする。トワイライトはこの先3年分の友情のレッスンを用意していると回答するが、ディスコードは一笑に付し、グリマーは既に友情レッスンを受ける以上の成長を見せていると話した。

ディスコードの執拗な指摘にトワイライトは動揺し、自身の図書室に戻ってグリマーの計画を練り直す事態となる。グリマーが自分の施したほぼ全てのレッスンを習得したことに気付いたトワイライトは、自身の師、プリンセスセレスティアに助言を求めた。トワイライトがセレスティアに自身の葛藤を打ち明けるうちに、セレスティアが自分をポニービルへ派遣したのと同様、今度は自分がグリマーを送り出さなければならないことに気付いてしまう。セレスティアは同情し、その決断が如何に苦しく困難なものであろうと正しい道を選択しなければならないとトワイライトに教示した。

受け継がれる葛藤編集

Starlight and Sunburst fight the black hole's pull S7E1.png

考えられる最悪のケース

ディスコードが残りのメーン6にトワイライトの計画を伝えたのち、トワイライトはグリマーが友情を学ぶ舞台となる場所をシミュレーションで探った。最初のシミュレーションではグリマーをChangeling Kingdomに派遣し、チェンジリングたちの新しい生活様式に慣れるように助力をさせた。セレスティアはこのアイディアを認めるものの、トワイライトはチェンジリングの悪意で彼女に対する反乱が起きることを危惧する。

次のシミュレーションでは、グリマーをDragon Landsに派遣し、エンバーや他のドラゴンと過ごさせた。しかし、ドラゴンたちの活動があまりに暴力的でグリマーが処理しきれないとトワイライトは危惧をする。更に次のシミュレーションではグリマーをクリスタルエンパイアに送り、サンバーストと共に魔法の研究を続けさせようと試みた。だが、彼女が野心的で複雑な呪文を試し、ブラックホールに巻き込まれてしまう可能性があるとトワイライトは心配した。

Celestia "taught me just as much as I taught you" S7E1.png

わたくしもあなたを送り出すとき、同じ気持ちだったわ

シミュレーションのあと、トワイライトの数々の懸念を聞いたセレスティアは大笑いをする。一頻りセレスティアが笑ったあと、自分が教師でトワイライトが学校の生徒だった時代に今のトワイライトと同じ恐怖心を抱いていたという昔話を彼女は打ち明けた。
トワイライトは小さい頃から非常に高い学力を発揮していたが、他の生徒たちからは孤立し、いつも一人であった。最終的にセレスティアはポニービルに彼女を派遣し、友情について学ばせることが彼女のための最善策だと決意をした。しかしながら決断はしたものの、トワイライトの派遣を取りやめるような言い訳を常に自分にし続けていた。トワイライト自身がポニービルに行くことを望んではいなかったし、仮に行って友達を作れば、もはや自分のことを必要としないだろうと恐れていたからだ。
その話を聞いたトワイライトは今でも自身の師・セレスティアを必要としていると伝えた。そこでセレスティアは、たとえグリマーが派遣されても感じることは同じだとトワイライトに保証した。

"Letting someone spread their wings doesn't mean you no longer have a place in their lives."
―プリンセスセレスティア

卒業に祝福を編集

Starlight's reflection in her wall mirror S7E1.png

卒業おめでとう

トワイライトがパーティーに戻ると、スターライトグリマーの得た友情の知識と多くの業績を公式に認め、彼女に教えることは何も残っていないと報告、そして今日は彼女の卒業の日であり、自分たちはグリマーの旅立ちを応援すると発表した。
グリマーは友人らと一緒に卒業記念の計画を相談している最中、トワイライトの元へ行き、互いの心情を打ち明けた。トワイライトは彼女を非常に誇りに思っており、旅立ちの準備ができたと彼女に保証していたが、グリマーはまだ心の準備ができておらず離れたくないと明かした。これはトワイライトにとって嬉しい報告で、喜んで卒業品を彼女に渡した。お祝いの品はグリマーの友達との写真をあしらった壁掛けの鏡だった。グリマーは涙ながらにトワイライトに感謝し、トワイライトはこの先何があろうとも、自分はグリマーの味方だと約束した。

パーティーが終わり、ピンキーパイが散らかった会場を掃除機で一瞬で掃除をするというシーンでこのエピソードは終わる。

台詞編集

Spike: Uh, so... what are you wearin'?
Starlight Glimmer: Not sure. Why? Am I supposed to dress up?
Spike: No! I-I mean, you could. It's like Rarity always says... [imitating Rarity] "There's no such thing as overdressed, darling. You're just the best-looking pony in the room." [chuckles]
Trixie: It was the Great and Powerful Trrrrixie's pleasure to save you from your imminent doom.
Discord: Yes, because you did it all by yourself.
Princess Celestia: It's a wonderful feeling, isn't it? Watching your student shine the way you always knew they could.
Twilight Sparkle: [laughs] My cheeks are sore. I don't think I've ever smiled this much in my life.
Princess Celestia: I can only imagine what that feels like.
Changeling 1: So, uh, you can't have friendship without makeovers?
Applejack: Eh, no-not exactly.
Spike: Hmm, this doesn't seem like something Starlight and Thorax would do.
Princess Celestia: Uh, this is Twilight's fantasy, Spike. There is no wrong way to fantasize.
Twilight Sparkle: Thank you.
Goofy Changeling: Starlight Glimmer is a most apt and perspicacious pony.
Spike: Yep. Definitely a Twilight fantasy.
Spike: Uh, that probably won't happen.
Twilight Sparkle: But it could! I can't just send her off to Celestia-knows-where without thinking it through!
Princess Celestia: Hmm. I was not aware that I was an expression. An appropriate one, of course, for even I don't know the answers.
Starlight Glimmer: Ember!
Princess Ember: Starlight!
Starlight Glimmer and Princess Ember: [grunt]
Princess Ember: You ready to do some death-defying dragon stuff?
Starlight Glimmer: Ah, totally!
Spike: Okay, that doesn't sound anything like Ember or Starlight.
Twilight Sparkle: Who knows what their dynamic would be, Spike?
Princess Celestia: Let me tell you a story. Once upon a time, there was a very bright young filly. [voiceover] She was truly one of my best students.
Spike: [voiceover] Are you talking about Twilight? I can't see what you're thinking about.
Princess Celestia: [voiceover] Yes, Spike.
Princess Celestia: What if she runs into a manticore? Or what if she gets pulled into Tartarus? Or, worst of all, what if she doesn't get along with anypony?
Guard 1: Are we supposed to say something?
Guard 2: I don't think so.
Discord: I may have let it slip that you'd be unveiling your big plan for Starlight tonight. Silly me. But we're all very excited to hear what you've cooked up. [beat] You weren't coming up with a plan just now, were you? Oh, dear. This could be pretty embarrassing for you.
Twilight Sparkle: [sarcastically] Gee, thanks, Discord.
Discord: Any time. I really love being helpful.
Discord: [referring to Starlight] Darn it. I was hoping you'd send her to my realm. We could've been roomies. Way to not pick up what I was putting down.
Trixie: How do you wanna celebrate? Girls' trip to Las Pegasus?
Thorax: We could throw you a changeling gourd fest! Uh, it's more fun than it sounds.
Discord: Or we could go cause a little mischief. I know a trick that'll turn Celestia's castle into cheese. Do you think it's a "gouda" idea? [laughs] That's just the first of many cheese jokes if we go down this path.
Twilight Sparkle: Starlight, trust me, you're ready.
Starlight Glimmer: Yeah. No, I'm not.
Twilight Sparkle: What are you talking about?
Starlight Glimmer: I'm not ready to leave!
Twilight Sparkle: Oh, good! 'Cause I'm not ready for that either! Here! I got you this present. It was going to be a "congrats on getting a medal of honor" present, but then I was afraid it would have to be a going-away present, but now, it's a "I couldn't be happier you're staying" present! It fits perfectly over your dresser! I know. I measured.
Starlight Glimmer: Thank you.
Twilight Sparkle: I may not know what comes next for you, but, whatever it is, I promise I'll always be there for you.

ギャラリー編集

Celestia comforting Twilight and Spike S7E1.png

Celestial Advice image gallery(英語)

脚注編集

  1. My Little Pony Friendship Is Magic: Twilight And Starlight. Shout! Factory. Retrieved on 2017 2月 16. Archived locally.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki