FANDOM


Fluttershy Leans In
Fluttershy explains her vision to the experts S7E5.png
シーズン №: 7
シーズンエピソード №: 5
合計エピソード №: 148
放送日: 2017/5/6(アメリカ)
2017/4/30(カナダ)
脚本: Gillian M. Berrow
ストーリーボード: Carrie Mombourquette, Dave Wiebe, and Megan Willis
注目キャラクター: Dr. Fauna
Hard Hat
Wrangler
Dandy Grandeur
Big Daddy McColt
参照
エピソードガイド

Rock Solid Friendship

Forever Filly

Fluttershy Leans Inは、マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜のシーズン7の5番目のエピソードで、全体では148番目のエピソード。

このエピソードでは、フラッターシャイが自身の夢であった動物保護区の設立のために立ち上がる。

製作編集

フラッターシャイの動物保護区は2017年4月11日、同年8月10日[1]にOrchard Booksから出版されるMy Little Pony Annual 2018のプレビューの中で[2]既に書かれていた。またこのエピソードの直接的な言及はコミックのMy Little Pony: Friendship is Magic Issue #54でもされている。

このエピソードはディスカバリーファミリーでは5月6日に放送されたが、カナダの放送局Treehouse TVではそれより6日早く放送された[3]

概要編集

ファウナ医師の元へ編集

Fluttershy sees deer crossing in front of screen S7E5.png

混雑する診療所

このエピソードはフラッターシャイのコテージでペットのエンジェルポニービルのペットコンペに向けて特訓している場面から始まる。本や日用品で作った障害物コースにエンジェルは挑戦していたが、着地をした拍子に積んだ本が崩れ落ち、それに巻き込まれて脚を怪我してしまった。ウサギ用の添え木が家に無いことに気付いたフラッターシャイは、ポニービルの獣医師・ファウナの診療所へ彼を連れて行く。

しかしながら診療所には患者の動物が大量に押しかけており、更に治療後も居心地の良さから動物たちが帰らないという事態に見舞われていた。このため、診療所はこれ以上患者を受け入れられないほど大騒ぎになっており、ファウナ一人の手に負えなくなっていた。後にフラッターシャイは、彼女を国一番の獣医師だと動物たちに触れて回ったことが原因だということに気が付き、その罪悪感からファウナと動物たちの両方を満足させる解決案を考えついた。

動物保護区の野望編集

Mane Six gather in Fluttershy's cottage S7E5.png

長年の夢を打ち明けるフラッターシャイ

フラッターシャイは自分の家にメーン6の全員を集合させてこれまでの経緯を説明すると、5人は彼女の意志に深く賛同した。フラッターシャイはこの機会を自分の長年夢見てきたことを実現させるチャンスだと考え、あらゆる種や大きさの全ての動物が受け入れられる動物保護区の建設を発表した。5人はそのプロジェクトへの熱意と自信に感銘を受け、現実のものとするべく保護区建設の助けとなるスペシャリストをそれぞれ紹介した。

アップルジャックは動物の柵専門家・ラングラーを、ピンキーパイはポニービルいちの建築家・ハードハットを、ラリティキャンタロットの一流デザイナーでキャンタロットブティックの内装に協力してもらったことのあるダンディ・グランデュアをそれぞれ推薦した。

Expert ponies look at Fluttershy's dream board S7E5.png

理想の保護区の青写真

後にラングラー、ハードハット、ダンディ・グランデュアの3人はフラッターシャイの家に招集され、動物保護区の建設計画について話し合いを始める。フラッターシャイが自身の描くビジョンを3人に伝えるが、具体的なイメージが掴めないのか建設の着手には終始曖昧な態度を取っていた。それにも関わらず、フラッターシャイの期待に応えるため3人は保護区の建設を承諾した。

サンクチュアリ・プロジェクト編集

Dandy disapproves of Fluttershy's color scheme S7E5.png

依頼主の要求と専門家の意見の食い違い

最初にフラッターシャイはハードハットを建設予定地である開けた場所に連れて行き、保護区のレイアウトを彼に説明する。ハードハットは保護区に病院のような木造建造物を置くことを提案するが、フラッターシャイは樹木を自然のままで使用してほしいと注文した。次にダンディ・グランデュアと話をするが、彼は保護区にカーテンを提案し、色も豪華なものを主張していた。しかしフラッターシャイはカーテンは必要なく、緑や茶色といった自然由来の色を景観に利用したいと申し出る。最後にラングラーと動物の住処に関して話し合いをするが、ラングラーの提案は鉄格子の檻だった。フラッターシャイはこれに断固反対し、動物が自由に出入りできる巣ががほしいと注文した。

しばらくした後、フラッターシャイは保護区建設の進捗を見に現場へと足を運ぶが、3人はフラッターシャイの要求を無視して自分たちの方法で建造を進めていることを発見する。建物の入口は体格の大きい動物にとっては小さすぎ、色とりどりのカーテンは鳥たちに必要な日光を遮り、堅固な檻は優しさを求めるフラッターシャイの理想とは正反対のものだった。

Fluttershy furious "I don't love it!" S7E5.png

こんなのじゃ全然ダメよ!

専門家たちがフラッターシャイの要求に沿わなかったため、彼女は3人をプロジェクトから即座に解雇した。直後、ファウナ医師が保護区を見学するために動物を引き連れてやってきたが、動物たちの生態にそぐわない設備に動物たちは混乱を引き起こし、最終的には建設途中の建物を破壊してしまった。

"This didn't go at all like I had imagined..."
- フラッターシャイ

夢を諦めない編集

その夜、フラッターシャイとファウナ医師は診療所で前と変わらぬ動物の世話をしていた。ファウナは動物たちのために尽力してくれたフラッターシャイに感謝をするものの、フラッターシャイは自身の夢を諦めたくないと言った。明くる日、再び5人を集めた彼女は今回のプロジェクトを自分自身で担当することを発表する。専門家を解雇はしたものの、フラッターシャイの夢を実現させてくれる信頼のおける人物としてマッコルト家ビッグダディ・マッコルトをプロジェクトに招いた。

The Sweet Feather Sanctuary S7E5.png

フラッターシャイが長年夢見た動物保護区

フラッターシャイとビッグダディ・マッコルトの2人の監督の下でプロジェクトは進行し、友人らの助けもあってフラッターシャイの理想の保護区は完成した。動物保護区はファウナ医師、および動物たちの満場一致で承認され、Sweet Feather Sanctuaryと名付けられた。

"Sometimes, all we need to do is believe in our dreams. And when we finally reach our goal, we'll know that it was worth what it took to get there. Because the view will be even better than you imagined!"
— フラッターシャイ

台詞編集

Dr. Fauna: This place is like a zoo! Then again, it's normally like that, but still...
Fluttershy: My dream is to build a real animal sanctuary. A beautiful habitat where every animal – whether sick or scared or even just lonely, feathered or furry, scaly or slimy – every critter would be welcome. My sanctuary can be the one place in Equestria they call home 'til they feel ready to take on the world.
Hard Hat: [to Steam Roller and Jack Hammer] I know she thinks she knows what's best, but once she sees how much better it works with these plans, she'll thank us.
Rarity: When a client has a vision... [chuckles]
Dandy Grandeur: ...Sometimes they need me to steer them away from it. Especially if it's dirt brown.
Hard Hat: We used the trees just like you asked!
Dandy Grandeur: And that curtain fabric is organic! It's got natural fibers!
Wrangler: And I added pillows inside my cages. That should count as feelin' like a hug!
Fluttershy: I may not know much about construction or interior design or wrangling, but I am an expert at one thing: the care of animals! And what animals need is a sanctuary, not this!
Fluttershy: I won't give up! These animals need me! And I'm gonna solve this once and for all!
Rainbow Dash: How about putting an awesome flying course for the birds right there?
Pinkie Pie: And a carrot cake stand here?
Twilight Sparkle: Ooh, a library cave?
Fluttershy: Everypony, stop! I appreciate you sharing your thoughts, but I need everypony to respect mine. Other ponies may be experts in their fields, but animals are my field of expertise. And if I say this is what I want, then this is what needs to happen!
Fluttershy: Welcome to Sweet Feather Sanctuary, a safe and cozy retreat for everycreature!

ギャラリー編集

Fluttershy surrounded by her animal friends S7E5.png

Fluttershy Leans In image gallery(英語)

脚注編集

  1. Annual 2018: With Exclusive Movie Content (My Little Pony). Amazon.co.uk. Amazon. Retrieved on 2017 4月 30.
  2. 71g1xy+TirL.jpg. Amazon. Retrieved on 2017 4月 30.
  3. TV Listings Grid - Treehouse. Screener. Retrieved on 2017 4月 23.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki