FANDOM


Newmission

友情の魔法について勉強を続け、分かったことをポニービルからわたくしに報告するように。

友情の手紙は、トワイライトスパークルプリンセスセレスティアに送る友情についてのレポートである。

トモダチは魔法のエピソードにて、プリンセスセレスティアトワイライトスパークルに友情の魔法について分かったことを報告する、という新たな使命を授けた。このエピソード以降、トワイライトが話の終わりにそのエピソードで友達や友情について学んだことを(時には友達と協力して)セレスティアに報告するようになった。
手紙は大抵の場合トワイライトが口述したものをスパイクが手紙に書き取り、彼が口から吐く緑炎を手紙に吹きかけてセレスティアへと転送する。セレスティアがその場にいるときはトワイライトが直接、口頭で述べる。 

「スパイク、書き取って。わたくしプリンセスセレスティアは宣言します。トワイライトスパークルに新たな使命をここに授けます。友情の魔法について勉強を続け、分かったことをポニービルからわたくしに報告するように。」
― プリンセスセレスティア


トワイライトがピンチ!のエピソード以降、セレスティアは毎週友情の手紙を送付することは免除し、代わりに友達も一緒に必要なときだけ報告するよう命じた。

「これからは、友情の魔法についてみんなで手紙を書くのです。魔法を見つけたときだけで良いですよ。」
― プリンセスセレスティア
一覧

シーズン1
友達は魔法チケットは誰のモノ?一人でできるもん!いたずらパーティ大魔法使いトリクシードラゴン注意報お泊まり会をしよう!ゼコラの呪いパクパクパニック冬をお片づけあたしのキューティーマークアイアンポニーはどっち?ラリティのドレスピンキーパイの予言?!ソニックレインブーム!ベビーシッターは大変ドキドキライブ!アイ・ラブ・ラリティ!モデルになっちゃった!アップルーサの決闘プリンセスのペットキューティーマーク物語やきもちスパイクひとりぼっちの誕生日憧れのパーティ!

シーズン2
リターン・オブ・ハーモニートワイライトがピンチ!ナイトメアナイトの夜おねえちゃんなんかキライ!恐怖のキューティーマークペットコンテスト!謎のマスクポニー登場!わたしもセレブ!くれくれスパイク大好きグラニースミスピンキーパイのベビーシッターメリーメリーキャンタロットアップルジャックの家出アップルサイダー対決レインボーダッシュの秘密チアリー先生のお見合い笑顔が大好き!弱気なフラッターシャイ未来からのメッセージスパイクの悩みハリケーンフラッターシャイゴシップポニー名探偵ピンキーパイ!ロイヤル・ウェディング パート2

シーズン1編集

トモダチは魔法編集

プリンセスセレスティア:浮かない顔をして…嬉しくないのですか?旅が終わって、またキャンタロットで勉強できるのですよ。
トワイライトスパークル:嬉しくないです。素敵な友達がたくさんできた途端、さよならだなんて…。

チケットは誰のモノ?編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 友達と何かを分け合うことはとても素敵です。でもみんなにあげられないなら、自分だけ持っていることが苦しくなります。だから、せっかくですがパーティーのチケットは2枚ともお返しします。

一人でできるもん!編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 アップルジャックは最高の友達です。いつもみんなの力になってくれます。困ったのは、彼女が助けてほしいと素直に言えないこと。友情って、あげるだけじゃなくて貰うことも大事だということがよく分かりました。
あなたの弟子 トワイライトスパークル

いたずらパーティ編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 いじわるをされると、悲しくなったり、頭にきて相手に仕返しをしたくなったりします。でも、嫌な気持ちにされたからといって仕返しをしてはいけません。悪いことを真似ずに、逆に良いことを相手にしてあげれば、いつか仲良くなれる時が来ると思います。
あなたの弟子 トワイライトスパークル

大魔法使いトリクシー編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 友情について、大事なことを学びました。自慢してると思われるのが嫌で魔法を隠していました。でも、それを隠すことはないと友達が教えてくれたのです。そして、友達を守るためならどんどん使っていいってことも。

ドラゴン注意報編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 親友のフラッターシャイが説得してくれたおかげで、ドラゴンはよそへ行き、煙を消すことができました。友達を信じることって大事ですね。友達と一緒に居れば怖いものも大丈夫。自然と勇気が湧いてくるんです。
あなたの弟子 トワイライトスパークル

お泊まり会をしよう!編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 性格の違うポニー同士が仲良くなるなんて、無理だと思っていました。でも、お互いの違いを受け入れることができれば、友達になるのは簡単なのですね。

ゼコラの呪い編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 今週はみんなで大事なことを学びました。それは、本を表紙で決めつけないこと。見かけが変だったり、怖かったりしても、ちゃんと中身を確かめるべきでした。それは、友達にも言えること。大切なのは中身です。良い友達は、良い本と同じで永遠です。
あなたの弟子 トワイライトスパークル

パクパクパニック編集

プリンセスセレスティア:出発する前に、報告を聞かせてもらえますか。友情の魔法について。
トワイライトスパークル:報告、ですか?
プリンセスセレスティア:友情について学んだことは?
トワイライトスパークル:……はい、あります。問題を解決する方法は、意外なところから生まれてきたりします。だから、友達の意見にもちゃんと耳を貸すべきです。……たとえ、それがワケが分からないことでも。

冬をお片づけ編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 冬が終わる日は、ポニービルで一番素敵な行事の一つでした。まだ知らない自分の特技を発見することは、とても大事だということを学びました。そして、友情とチームワークがあれば何だってできちゃうんです。

あたしのキューティーマーク編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 嬉しい報告です!小さなポニーが友情について大事なことを学びました。仲間外れや取り残された気分になるかもしれない出来事で、逆に親友ができたり自分の才能に気づいたりすることもあるんですね。

アイアンポニーはどっち?編集

アップルジャック:みっともないところをお見せしてしまって、ごめんなさい。
プリンセスセレスティア:(微笑む)気にしないで、アップルジャック。競争となると誰でも夢中になってしまうもの。
トワイライトスパークル:友情はいつだって競争より大事だってこと、忘れないようにしよう。

ラリティのドレス編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 誰かを喜ばせようとして親切にしても、それがうまく伝わらなくてガッカリしてしまうこともあります。ラリティはそれを学びました。私も反省です。ラリティがしてくれたみたいに、誰かが親切でしてくれたことにケチなんかつけたりしたら、ホントいけませんよね。「人の親切を無駄にしてはいけない」です。

ピンキーパイの予言?!編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 世の中には説明のつかない素晴らしいことがあるってことに気づきました。しかもそれが正しかったりするんです。信じるかは自分次第だし、友達が教えてくれるときもあります。
ピンキーパイ:プー!
スパイク:プー。
あなたの弟子 トワイライトスパークル

ソニックレインブーム!編集

プリンセスセレスティア:トワイライトスパークル。今回も友情について学びましたか?
トワイライトスパークル:はい、プリンセス。でも、ラリティの方が学んだと思います。
ラリティ:その通りです。浮かれ過ぎないこと、友達を思いやること、その二つを学びました。
プリンセスセレスティア:素晴らしいわ。よくできました。

ベビーシッターは大変 編集

このエピソードではトワイライトスパークルが手紙の内容を読み上げる様子は描かれていないが、フラッターシャイキューティーマーククルセイダーズの子守りを通じて学んだことを書いていると考えられる。

トワイライトスパークル:今回の手紙にはプリンセスもびっくりね。ホントあなたって、あの子たちの扱いも上手いのね。
フラッターシャイ:そんな。褒めすぎよ。
トワイライトスパークル:ん?そうなの?
フラッターシャイ:子供たちのことも、動物と同じように上手く扱えるって思ってたけど、違ってた。無理はしない方が良いって学んだわ。

ドキドキライブ!編集

トワイライトスパークルがエピソードの終盤にキューティーマーククルセイダーズにショーを通じて学んだことを聞く場面がある。

スウィーティーベル:私たち、一生懸命やったの。
トワイライトスパークル:そうね、それで?
スクータルー:でも、無理して自分たちに向いてないことを頑張ってたんだ。
トワイライトスパークル:ええ、だから?
アップルブルーム:大事なのは自分に向いてることを知ること。
トワイライトスパークル:それって何かしら?
キューティーマーククルセイダーズ:お笑い!

アイ・ラブ・ラリティ!編集

トワイライトスパークル:早くあなたに教えてもらったことをプリンセスに報告したいな。
ラリティ:ええ?私何か教えた?
トワイライトスパークル:お淑やかでも、弱くはないってことを教えてくれた。力が弱くても、代わりに知恵を絞ることで問題を解決できる。今日のあなたは冴えてた。

モデルになっちゃった!編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 友達なら秘密は守るべきです。そして、本当の気持ちを打ち明けることも大事ですよね。

アップルーサの決闘編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 友情って素晴らしいですね。初めはいがみ合っていても、友達になれるんです。大事なのは歩み寄ること。分け合って、思い合うことです。

プリンセスのペット編集

トワイライトスパークル:フラッターシャイは、フィラミナを元気にしようと色々試したんです。
プリンセスセレスティア:ええ、その優しさに感謝していますよ。でも言ってくれれば、フェニックスであることを教えられて苦労しなくて済んだのに。
フラッターシャイ:そうですね、よく考えるべきでした。次は一人で決める前に相談します。
トワイライトスパークル:この事を手紙に書くべきですか?
プリンセスセレスティア:その必要はありません。忘れないでしょうから。

キューティーマーク物語編集

原語版ではトワイライトが最後にセレスティアに以下の内容の手紙を書く場面があるが、日本語版では全てカットされている。

Dear Princess Celestia,
Today I learned something amazing. Everypony everywhere has a special magical connection with her friends, maybe even before she's met them. If you're feeling lonely and you're still searching for your true friends, just look up in the sky. Who knows? Maybe you and your future best friends are all looking at the same rainbow.
(拝啓 プリンセスセレスティア)
(今日、私は素晴らしいことを学びました。ポニーはみんな、出会う前から友達と特別な絆で繋がっているのです。もし親友とまだ出会っていなくて、一人ぼっちに感じているポニーがいるなら、空を見上げましょう。きっと、未来の親友も同じ虹を見つめているかもしれません。)

やきもちスパイク編集

スパイク:
拝啓 プリンセスセレスティア
 今週はスパイクが報告します。やきもちを焼いたり、嘘をついたりすると、友達とギクシャクすることを学びました。それから、友情は色んな友達と分かち合えるってことも。だから約束します。これからは僕も……。

と、ここでスパイクは手紙を書く途中で眠りに落ちてしまう。

ひとりぼっちの誕生日編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 最高に楽しいパーティーの最中に書いています。今回は、友情について大事なことを学びました。つい友達には良いことばかり期待してしまい、当てが外れるとガッカリしたりするものです。でも、いい友達というのは、いつだって友達のことを思っているんです。
あなたの弟子 トワイライトスパークル

憧れのパーティ!編集

トワイライトスパークル:だけどプリンセス、どうみてもあれは最悪ですよね。
プリンセスセレスティア:まあトワイライト、パーティーが最悪なのはいつものこと。
トワイライトスパークル:本当に?
プリンセスセレスティア:あなた達のお陰でワクワクしたわ。パーティーを盛り上げてほしいって思ってたから。期待通りの夜じゃなかったかもしれないけど、結果的にはあなた達にとって楽しい夜だったはずよ。
トワイライトスパークル:ええ確かに。友達といると、最悪な時間も素晴らしいものに変わるんですね。

シーズン2編集

リターン・オブ・ハーモニー編集

ディスコードの術中にはまり、心が折れたトワイライトの元へセレスティアが今まで送ってきた友情の手紙を送り返す場面がある。送り返された手紙を読んだトワイライトは、ディスコードが友情の力を忘れさせようとしていたことに気付き、エクエストリアを彼の毒牙から守ることを決意した。

トワイライトスパークル:私は学んだの、ディスコード。友情を守るのは難しいこともある。でも友情のためなら全力で戦うわ。

トワイライトがピンチ!編集

アップルジャック:拝啓、プリンセスセレスティア。今日、友情について学んだので手紙を書きます。
フラッターシャイ:友達の悩みは真面目に聞かなきゃいけません。
レインボーダッシュ:たとえ大したことないように見えてもです。
ラリティ:それに、小さなことを気にしすぎた挙句、
ピンキーパイ:街中パニックに巻き込んじゃって、プリンセスに助けにきてもらうようではいけませーん!
アップルジャック:終わり。最後に名前書いて。
スパイク:追伸。スパイクが反省することはなーんにもありません。こんなに良い友達は他にいないでしょう。スパイクだけは本気で心配してくれるから……(苦笑)……あー、うん、やめとく。
6人:(爆笑)

ナイトメアナイトの夜編集

トワイライトスパークル:
拝啓 プリンセスセレスティア
 以前の私は、友情について何も知りませんでした。今夜、同じ悩みを持つポニーに出会いました。あなたの妹、プリンセスルナです。彼女に教えられました。大切なのは、誰かに友情をあげたり、その人が友情を見つける手助けをすることです。ポニービルのみんなが学びました。相手の見た目がちょっぴり怖くても、こちらから友情を示せば、相手の良さが見えてくるということを。魔法使いスタースワールの仮装はイマイチだったけれど、今までで最高のナイトメアナイトでした。

おねえちゃんなんかキライ!編集

この回で初めてトワイライトスパークルが全く関与しない手紙が書かれた。

ラリティ:おまたせ。プリンセスに何て書く?
スウィーティーベル:私から!お姉ちゃんや妹がいるって本当に最高のことです。でも楽じゃありません。
ラリティ:姉妹って素晴らしいけど、上手くやるには協力が必要です。譲り合うことが大事で、お互いの違いを受け入れなきゃいけません。それでも、一緒にいると楽しいんです。たとえ蹄がちょっと汚れたとしてもです。
スウィーティーベル:たくさん汚れても。
ラリティ:ちょっと汚れても。
スウィーティーベル:たくさんだよ。
ラリティ:ちょっとだけって言ってるでしょう?
スウィーティーベル:たくさん!
スパイクハイハイ、待って。それじゃあ「そこそこ」でどう?「ちょっと」でも「たくさん」でもなく、そこそこ。
ラリティ:いいわ!スウィーティーベル:いいよ!

恐怖のキューティーマーク編集

アップルブルーム:
拝啓 プリンセスセレスティア
 欲しいものを我慢して待つのは辛いことです。でもズルして手に入れようとしてはダメです。本当に手に入ったことにはならないからです。自分にも友達にも正直でいること、それこそみんなが望むことなのです。

ペットコンテスト!編集

レインボーダッシュ:
拝啓 プリンセスセレスティア
 ペットや良い友達を探すときは、レースや勝負に強い人を選ぶのが一番だと思ってました。でも自分がどんなに間違っていたか分かりました。今日、ボクは本当に大事なことは何かを学びました。諦めない心、一生懸命に頑張ること、やればできると信じる気持ちこそがホントの一番なんです。ボクのリクガメにはそれがある。

謎のマスクポニー登場!編集

この回ではスパイクが予めゴーストライターとして手紙を書いていたが、後にレインボーダッシュによって書き直された。しかしながらその内容は言及されていない。これより以前の会話でレインボーダッシュが学んだことを述べており、これが最終的なプリンセスの報告の一部となった可能性がある。

トワイライトスパークル:つまり言いたいのは、特技があるのは良いことだけど、控えめな気持ちを持たなきゃってこと。
レインボーダッシュ:おおー、なるほど、よく分かった。ホント、そうだよね。それに、自分より凄いポニーがいるってこと、認めるのも大事。ダークメアみたいな。

わたしもセレブ!編集

ラリティ:拝啓、プリンセスセレスティア。キャンタロットで私が学んだ大事なことをご報告します。
プリンセスセレスティア:それは是非聞かせてちょうだい。
ラリティ:たとえどんな場所に行こうと、故郷や友達がどんなに大切かを忘れてはいけません。それこそ自慢できるものだからです。どんなものよりも。

くれくれスパイク編集

スパイク:
拝啓 プリンセスセレスティア
 今日僕は友情について学びました。たくさん物が手に入ると嬉しいけど、大切な誰かに大事にしてるものをあげたときの方が嬉しいです。もらうより、あげる方が喜びは大きいのです。友情は、優しさや思いやりから生まれます。世界で一番、かけがえのないものなのです。

大好きグラニースミス編集

アップルジャック:ファミリースピーチデイは上手くいったみたいだね。
アップルブルーム:そうなの。あたしのお婆ちゃんは超スーパーお婆ちゃんだよ。そのことをちょっと忘れてたけど。

ピンキーパイのベビーシッター編集

ピンキーパイ:
拝啓 プリンセスセレスティア
 あたしは子供と遊ぶのが大好きで、子守りって、ただ遊べば良いんだと思っていました。でも違う!お世話をするってことは、遊ぶときより責任があるんですね。それにあたしは知りました。責任を果たしたいって気持ちだけじゃ、上手くいかないことがあるって。

メリーメリーキャンタロット編集

スマートクッキー(アップルジャック):それじゃあ、あたし達のせいだね。3つの種族が喧嘩ばかりして仲良くしないから、故郷に吹雪が来たんだ。きっとここも住めなくなっちゃうよ。
クローバー(トワイライトスパークル):心と同じくらい身体も冷たくなるわ。全部私たちが憎み合ったせいよ。

[…]

スマートクッキー(アップルジャック):お互い種族は違っても、同じポニーだよ。

アップルジャックの家出編集

アップルジャック:
拝啓 プリンセスセレスティア
 1位を取ったとき、胸を張っていられるのは当たり前ですよね。でも1位じゃないからって、逃げてはいけません。どんな順位でも、友達や家族が待っていてくれるからです。

アップルサイダー対決編集

アップルジャック:
拝啓 プリンセスセレスティア
 ご報告することがあります。(咳払い)学んだことはありません!前から知ってたし!時間がかかっても、正しいやり方には値打ちがあるのです。それから、友達はいつも助けてくれて、頼りになるってことを学びました。でもホントは、それも前から知ってましたよ。

レインボーダッシュの秘密編集

トワイライトスパークル:読書は誰でも楽しめるものよ。とにかく読んでみればいい。
レインボーダッシュ:うん、だね。試しもせず決めつけちゃいけない。
トワイライトスパークル:いい経験になった?なら、プリンセスに手紙を書いたら?

チアリー先生のお見合い編集

チアリー:私たちのことを気にかけてくれて嬉しいわ。でも……。
アップルブルーム:二人のためを思ってしたことでも、もう二度とこんなお節介は焼きません。
スクータルー:二人を無理やりくっつけることなんてできないし。
スウィーティーベル:誰でも自分の特別なポニーは、自分で選ばなきゃね。

笑顔が大好き!編集

ピンキーパイ:
拝啓 プリンセスセレスティア
 友達によって、友情の形って色々あるんですね。一緒に走って遊ぶのが好きな友達。静かに見守ってほしいと願う友達。とにかく、友情って友達を笑顔にできるから素敵です。

弱気なフラッターシャイ編集

フラッターシャイ:
拝啓 プリンセスセレスティア
 私は、ハッキリ自分の意見を言うことが苦手でした。初めて堂々としてみたら、嫌な子になっていました。自分の意見を言うことと、わがままを言うことは違います。今では嫌な子にならずに、堂々とすることができます。

未来からのメッセージ編集

スパイク:分かんないなあ、災いが起きないなら、未来の君は何を知らせに来たわけ?
トワイライトスパークル:(笑い声)何かしらね。でも一つだけわかった。私ってばバッカみたい。
2人:(笑い声)
スパイク:ホントそうだね。
トワイライトスパークル:きっと、私が心配してるうちに未来が自然と変わったのね。もう懲り懲りだわ。これからは、問題が起きてから考える。些細な事でオロオロしたりしない。

スパイクの悩み編集

スパイク:
拝啓 プリンセスセレスティア
 ドラゴンの大移動を見て、ドラゴンとは何かを考えました。僕はドラゴンですが、他のドラゴンと違っても良いんです。それを、ポニービルの友達が教えてくれました。親切さと、忠実さと、正直であることを。ポニービルは僕の故郷、ポニーの友達は僕の家族です。
あなたの忠実な家来 スパイクより

ハリケーンフラッターシャイ編集

フラッターシャイ:
拝啓 プリンセスセレスティア
 私は、自分の力はちっぽけで役に立たないと思ってました。でも今日は、たとえ僅かな力でも協力することが大事だと学びました。恥ずかしがらず顔を上げて、自分を信じて、精一杯頑張れば、何だってできるんです。

ゴシップポニー編集

この回では、友情の手紙はキューティーマーククルセイダーズの三人が共同で、ポニーたちを自らのゴシップ記事で傷つけたことに対する謝罪記事として書かれた。

スウィーティーベル:ポニービルの読者の皆様、今日までコラムでスキャンダルや噂話をお届けしていましたが、これが最後の記事となります。私たちのせいで嫌な思いをさせてごめんなさい。
アップルブルーム:実は、あたしたちは三人組です。スウィーティーベル、アップルブルーム、スクータルー。
スクータルー:コラムの人気が出てきたら、調子に乗ってしまいました。悪いことをしているかもしれないと思ってたけど、人気が無くなるのが怖くて、やめられませんでした。
スウィーティーベル:これからはみんなのプライバシーを大事にすると約束します。誰かを傷つけるようなゴシップはもう書きません。
アップルブルーム:あたしたちにできるのは謝ることだけです。ご愛読ありがとうございました。ギャビーチャットより、愛を込めて。

名探偵ピンキーパイ!編集

ピンキーパイ:
拝啓 プリンセスセレスティア
 今日は、焦って答えを出しちゃいけないってことを学びました。誰がやったか決めつける前に調べなくちゃいけません。でなきゃ、ちっとも悪くない人を責めてしまうかもしれないからです。それだと相手が傷つくし、何だかとってもカッコ悪く見えてしまいます。だからこれからは、必ず最初に確かめることにします。

ロイヤル・ウェディング パート2編集

この回で初めて、プリンセスセレスティアがトワイライトに対して自らの学んだことを伝えた。

プリンセスセレスティア:あなたの勝利の日でもありますね。あなたはずっと疑っていた。あなたの勇気のお陰で、本物のプリンセスケイデンスを取り戻せました。自分の直感を信じることが大切だと学びました。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki