FANDOM


The Perfect Pear
Bright Mac teasing Pear Butter S7E13
シーズン №: 7
シーズンエピソード №: 13
合計エピソード №: 156
放送日: 2017/8/5(アメリカ)
2017/6/21(オーストラリア)
脚本: Joanna Lewis & Kristine Songco
ストーリーボード: Kaylea Chard and Jae Harm
歌: You're In My Head Like a Catchy Song
注目キャラクター: ブライトマック
ペア・バター
グランド・ペア
ゴールディデリシャス
バーントオーク
参照
エピソードガイド

Discordant Harmony

Fame and Misfortune

The Perfect Pearは、マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜のシーズン7の13番目のエピソードで、全体では156番目のエピソード。題名は"the perfect pair"(完璧なカップル)という表現のもじり[1]である。

このエピソードでは、アップルジャックアップルブルームビッグマッキントッシュが両親の馴れ初め話を聞き、自分たちにはペア家の血が流れていることを知る。

製作編集

2017年のハズブロトイ・フェアでこのエピソードについてのアニメーションが公開され、アップルジャックの両親が回想の中に登場し、母親が歌を歌うことが判明していた[2]

シーズン7の開始時期発表の際には、William ShatnerとFelicia Dayがエピソードに関与していることが明かされた [3]

このエピソードはカナダの放送局Treehouse TVで5月28日に放送される予定だったが[4]、直前になって予定をAll Bottled Upの再放送に変更された[5]

実際に世界で最も早く放送されたのはオーストラリアのBOOMERANG[6]、日付は6月21日とディスカバリーファミリー(8月5日)よりも45日も早く公開された。

概要編集

夕食のパンケーキ編集

Grand Pear gives Apple Bloom pear jam for free S7E13

グランド・ペアと出会うアップルブルーム

ある昼、アップルブルームは賑わうポニービルの市場を歩いていると、店頭で洋ナシのジャムを売るグランドペアという気さくなお爺さんを見かける。話をしてみると彼は元々ポニービルの出身で、バンフーバーで洋ナシのジャムを売り人気を博していたが「気分転換」に再び戻ってきたという。試食のジャムの味を気に入ったアップルブルームは値段を聞くが、お代は要らないと無料でジャムを1瓶渡された。アップルブルームは喜び、去り際に手厚く挨拶をして家へと戻った。

Applejack and Big Mac dig madly in the dirt S7E13

グラニーにペア家のモノを見せちゃダメ!

アップル農園にアップルブルームが帰ると、アップルジャックビッグマッキントッシュがキッチンで夕食にパンケーキを焼いていた。トッピングに使おうとさっき貰った洋ナシジャムをアップルブルームが取り出すと、2人はは突如顔色を変えて焦りだす。グラニースミスが上の階から降りてくるのを察知した2人は、慌ててジャムを取り上げてキッチンの床板の下に埋めてしまった。あまりの異様さに困惑するアップルブルームだったが、のちに昔からアップル家とペア家には確執が存在しており、この家に梨を持ち込むことはタブーであるということを知る。しかしながら、何故昔から両家の確執が存在しているのか、ということに関しては3人ともはっきり分からないままであった。

グランドペアの印象からはそのような確執を感じられなかったアップルブルームは、両家に確執が生じた経緯を知りたがる。理由はグラニースミスが知っているが、聞く度に怒って口を閉ざすため、3人は一家の歴史家であるゴールディデリシャスの元へと向かった。

リンゴと梨の争い編集

Young Bright Mac talking to Pear Butter S7E13

ブライトマックとペアバターの出会い

翌朝、3人はゴールディデリシャスの家を訪れ、アップル家とペア家の確執について尋ねた。ゴールディはグラニースミスの承諾なしで来たことを心配するも、3人に両家の過去を話すことに決めた。

その昔、ポニービルにはアップル農園のすぐ隣にペア家の梨農園があった。しかしながら両家は喧嘩(主にどちらが良き農家かを競うものであった)が絶えず、特にグラニースミスとグランドペアを中心に仲が悪かった。そんな中、唯一仲の良い男児と女児の組がいた。ペア家のペア・バターとアップル家のブライトマック―――のちにアップルジャックたちの両親となる2人である。

Goldie Delicious "Buttercup was just a nickname" S7E13

両親の幼少期を語るゴールディ・デリシャス

"Are you sayin' our mother was a... Pear?!"
— アップルジャック

ゴールディデリシャスは、家族間の熾烈な対立にも関わらず、2人の幼年期の友情は最終的に素敵なロマンスに発展したことを説明する。しかしそれ以上のことは詳しく知らなかったため、ゴールディはブライトマックの旧友で薪売りのバーントオークを訪ねてみるといいと3人に助言した。

父と母の出逢い編集

Bright Mac taking responsibility S7E13

父の誠実さは娘のアップルジャックにも受け継がれている

ポニービルに戻った3人は、市場で薪を売っていたバーントオークの元を訪れ、父親のことを尋ねた。オークは次の回想を語った。

昔、ブライトマックとバーントオークの2人はアップル農園で鋤を使った耕耘レースをしていたことがあった。ブライトマックは力が強くオークをどんどん引き離していったが、ゴールの直前で隣の畑にいたペアバターに見とれてしまいコースアウト、そのまま柵を突き破って用水タンクに激突し、ペア家の畑を水浸しにしてしまった。直後にやって来たグランドペアはペアバターの行為と誤解しその場にいた彼女を叱責するが、ブライトマックは彼女の名誉を守るため2人の前へとやってきて謝罪をした。この一件のあと、グランドペアは娘にアップル家の者との交流をしないように釘を刺した。

黙っていれば責任を被ることは無かったにも関わらず、正直に前に出て謝罪をした父親の正直さは現在ではアップルジャックに受け継がれている。オーク曰く、その後父は何週間も仕事の合間を縫ってにペア家に通い用水タンクの修理を行っていたため、母と親しくなっていったと語った。アップルジャックたちは今度は母のことを聞こうとするが、それについては母の若い頃の友人・ミセスカップケーキに聞いた方がいいとアドバイスをもらい、彼女の元へと出発する。別れる直前、ビッグマックはオークにまたストーリーを聞かせてくれと頼み、彼も快く承諾した。

禁断の恋編集

Pear Butter tasting Chiffon Swirl's recipe S7E13

母はアップルブルームのように他人の才能を見つけ出す情熱をもっていた

シュガーキューブコーナーに場面は変わり、3人はミセスカップケーキに母親の話を聞く。彼女曰く、自分のケーキを焼く才能を発見する手伝いをペアバターがやってくれたのだという。他人の才能を見つけキューティーマークを手に入れさせるという母の才能が、現在の自分に受け継がれていることにアップルブルームはこの時に気付いた。

回想では、ミセスカップケーキ(当時の名前はシフォン・スワール)がペアバターの協力の下、様々なお菓子のレシピを完成させていた。ある日、シフォンがお礼のケーキを渡しに行こうとペアバターを訪れたところ、ブライトマックと農場で睦まじくピクニックをしている最中であった。2人はシフォンの存在に気付き、このことは他のポニーに内緒にしてほしいと頼むものの、そこに偶然グラニースミスが通りかかり発見されてしまう。ペア家との交際を認めずグラニーはブライトマックを連れ去っていくが、2人は最後まで見つめ合っていた。

Bright Mac and Pear Butter blush with embarrassment S7E13

たとえ世界が認めてくれなくたって…

2人は結局この後も秘密の交際を続けていた。2人の記念日となる日、ペアバターからはラブソングを送り、ブライトマックは2人のキューティーマークを刻んだ石の場所へ彼女を連れて行き、お互いの深い愛情を伝え合った。恋が成就したかに見えたが、幸せは突然終わりを告げる。後日、ペア家が事業拡大およびアップル家との隔絶のため、一族全員でバンフーバーに引っ越すことが決定した。悲しみに打ちひしがれるペアバターだったが、離れたくなくとも一族の決定には逆らえないとブライトマックにポニービルを去ることを涙ながらに伝えた。

密かな契り編集

Bright Mac looking determined S7E13

その男は愛する者のために闘うことを決意した

ここまで語ったミセスケーキだったが、この後のことは更に語るに相応しいポニーがいるとメア町長を紹介した。場面はポニービルのホールに移り、町長は2人のその後のラブストーリーに関わった経緯を語った。

ペア家が引っ越す前日の夜。ブライトマックはアップル農園の隅で秘密の結婚式を設営していた。ペアバターが派手な祝福を望まないことを知っていたため、司祭にメア市長、出席者はシフォンスワールとバーントオークのみというごく小規模な挙式であった。ペアバターを呼び、今一度婚約の意志を確認すると、彼女は喜んでこれを受け入れる。結婚式が始まると、2人は少し特殊な契りの儀式を交わした。持ち寄ったリンゴの種とナシの種をお互いが交換し、目の前に埋めるというものだった。

Bright Mac and Pear Butter getting married S7E13

2人の秘密の結婚式

儀式が終わり、メアが2人を夫婦と宣言しようとしたその刹那、グラニースミスとグランドペアが式場に入ってきてしまう。急いで夫婦宣言を取り交わすものの、何のつもりだと立腹するグランドペアは娘を連れ戻そうとする。しかし今やアップル家も自分の家族となったことをペアバターから告げられた。そこでグランドペアは最後の選択を娘にさせる。ペア家とともにバンフーバーへ引っ越すか、ペア家を見捨ててアップル家に嫁ぐか―――どちらかの一族との絶縁を迫られたペアバターだったが、涙を溢れさせながらアップル家を選んだ。憤慨したグランドペアは娘を置いてその場を足早に去り、残った新郎とその母は悲しみの花嫁に同情をした。

エピローグ編集

Granny Smith and Grand Pear make amends S7E13

両家の確執は終わりを迎えた

両親の恋路の一部始終を聞いた3人は大きなショックを受け、グラニースミスが両親のことを語りたがらない理由にも納得した。自分たちの両親の結婚は、両家から全く歓迎されていなかったのである。同時に3人は、ちょうどいい機会だとグランドペアとグラニースミスのこの一件の話をする決心をする。市場へ行き、店の片づけをしていた祖父にポニービルに来た本当の理由を尋ねると、過去の過ちを償い疎遠となってしまった孫たちに会いたかったからと告白した。3人はその心情を汲み取り、抱擁を交わした。

Apple-Pear family under the apple-pear tree S7E13

2人の生きた証は今でも農園に生き続けている

アップル農園に戻り、3人はグラニーとグランドペアを再会させる。グランドペアは下らぬ喧嘩でポニービルを出て行ったことを、グラニーもアップルジャックたちの両親のことをもっと早く語るべきだったとそれぞれ謝罪した。両家の和解が成立すると、アップルブルームたちはある場所へと2人を連れて行く。そこはかつて両親が夫婦の誓いを立てた場所。今では立派なリンゴと梨の樹木が互いに寄り添うように一本に成長し、実をつけていた。

"If anything's gonna make it through, it's apples and pears."
— アップルジャック

台詞編集

Apple Bloom: You must be new. I'm Apple Bloom.
Grand Pear: I'm Grand Pear.
Apple Bloom: Welcome to Ponyville!
Applejack: [gasps] Pear jam?! What were you thinkin'?!
Goldie Delicious: Now, that's how you make an entrance! Or is it an exit?
Young Granny Smith: Pears are just what happens when you ain't no good at farmin' apples.
Young Grand Pear: Pears are nature's candy. Apples are sour. Like the expression on your face right now.
Applejack: Bright Mac and Buttercup? Those are our parents' names!
Apple Bloom: So Dad was super honest! Apple doesn't fall far from the tree, huh, Applejack?
Big McIntosh: Uh, would it be okay if we stopped by again sometime to hear more stories?
Burnt Oak: I'd like that very much.
Mrs. Cake: It was like she knew what I was supposed to do long before I did.
Applejack: [to Apple Bloom] Just like you, sugarcube! Or rather, you're just like her!
Bright Mac: Happy one hundred and thirty-one thousand, four hundred and fifty-six hour anniversary, darlin'.
Pear Butter: What? [laughs] That's way longer than we've been together.
Bright Mac: I know, but it's the anniversary of the first time I called you "Buttercup".
Bright Mac: I don't want to be apart from you. Ever. I'm not sure what we'll do, but I'm sure of us. So sure that I'd marry you today.
Pear Butter: I would, too!
Grand Pear: Are you choosin' to be an Apple over being a Pear?!
Pear Butter: Are you makin' me choose?
Grand Pear: Yes. I am.
Pear Butter: Then yeah. I guess I am.
Grand Pear: I'm... so sorry. I-I-I was just so angry, and... well, I-I never...
Apple Bloom: It's in the past, Grand Pear. Oh! Can I call you Grand Pear-Pear?
Granny Smith: Welcome back, prickly old pear. Heh.
Grand Pear: [chuckles] Thanks, you old crab apple.

ギャラリー編集

Mayor Mare officiates Mac and Butter's union S7E13

The Perfect Pear image gallery(英語)

脚注編集

  1. 「pear」は、英語で果物の梨を指す。
  2. The Illustrious Q (2017-02-18). Toy Fair 2017 - My Little Pony Preview Presentation - LIVE UPDATES. Equestria Daily. Retrieved on 2017 2月 18.
  3. Jared Albert (2017-03-15). New Family Bonds and Magical Friendship Adventures Await in Discovery Family's My Little Pony: Friendship is Magic Season Seven Premiere on Saturday, April 15 at 11:30a/10:30c. Discovery Family Channel. Retrieved on 2017 3月 15.
  4. Calpain (2017-04-29). New MLP Season 7 Episode Titles Revealed Through Treehouse: Ep 9 - Ep 13. Equestria Daily. Retrieved on 2017 4月 29.
  5. TV Listings - Treehouse. Zap2it. Retrieved on 2017 5月 25.
  6. My Little Pony: Friendship is Magic - S7E12: Discordant Harmony. Foxtel. Retrieved on 2017 6月 8.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki